6: 三角家付近のニャンコ

2020年11月20日 (金)

ジンジャーくん(6)

Ginger_20101401a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

三角家付近、茶トラ白、『ジンジャーくん』丸々と

以前警戒心が強かった時と比べると、まるで別のニャンコのような「ジンジャーくん」です。
寄ってきてスリスリ、懐っこいためにご近所の皆に食べ物をもらっている可能性があります。

丸々と太って立派な男子♂ニャン、顔もデカく風格があります。
しかし気は弱く、「ミサゴくん」や「シマンジくん」が来ると追い払われてしまいます。

現在三角家付近に居るのは男子♂ニャンか不妊手術済の女子♀ニャンです。
男子♂ニャンらは交配目当てではなく食生活のために集まっており、その優性順位は力関係でしょう。
「ジンジャーくん」は古株ですが、順位は真ん中くらい。気の強いニャンコやボスには負けます。
ただしAさん家の若い「キンタくん(チャニー)」や「ターくん」よりは上のもようです。

Ginger_20101403a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Ginger_20101402a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Ginger_20102101a
機材:SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年11月 9日 (月)

ミシマちゃんの子ネコら

Mishima_19021803a
機材:Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

『ミシマちゃん』の子ネコら成長ス

未熟で成長が遅かった「ミシマちゃん」の子ネコ3頭は無事成長して絶好調です。
毛柄は違えどもいずれもキリッとした顔立ち(目)でママ譲りでしょう。(↑上は古いですがキリッとしたミシマちゃん)

「フウちゃん」はお乳を吸う力が弱く、栄養失調で人工哺乳が必要でしたが、今や3頭中で一番大きくなりました。
キジですが胴体の柄は渦巻きのタビー、尻尾がほとんどありません。(↓下1~3枚目)

「ケンくん」はロート胸で肺活量が小さく、成長自体が危ぶまれましたが、今は元気に跳ね回っています。
♂男子ニャンなのに他の♀2頭より一回り小柄で、毛柄は「フウちゃん」ちゃんと同じ渦タビーです。(↓下4~6枚目)

「ミカちゃん」は3頭中でもっとも順調に成長しました。脱走の機会をいつも狙っています。
ドライアイらしく目やにが絶えません。(↓下7~9枚目)

「フウちゃん」と「ケンくん」の渦タビーはアメショ混でよく見られますが、近所だと故「シマネくん」に似ています。
もしかしたらパパは「シマネくん」かもしれません。


<黒キジ、ボブテイル「フウちゃん」>

M_fu_20051701a
機材:Canon EOS M100 ; EF-M22mm F2 STM ; トリミング

M_fu_20092602a
機材:Canon EOS M100 ; EF-M22mm F2 STM ; トリミング

M_fu_20110501a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング


<黒キジ、短尾「ケンくん」>

M_ken_20051702a
機材:Canon EOS M100 ; EF-M22mm F2 STM ; トリミング

M_ken_20092601a
機材:Canon EOS M100 ; EF-M22mm F2 STM ; トリミング

M_ken_20110501a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング


<三毛、「ミカちゃん」>

M_mika_20051009a
機材:Canon EOS M100 ; EF-M22mm F2 STM ; トリミング

M_mika_20092501a
機材:Canon EOS M100 ; EF-M22mm F2 STM ; トリミング

M_mika_20110501a
機材:Canon EOS M100 ; EF-M22mm F2 STM ; トリミング


機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年8月11日 (火)

チャッキ―くん(6)

Chakky_20051601a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

三角家~だんだん上、茶トラ『チャッキ-くん』居着く

ずっと縁側か前のだんだんにいる「チャッキ―くん」です。
三角家やだんだん辻方面にはもう下りていかないようです。

「クルミちゃん」のときと同じで、窓を開けると室内に上がってきます。
違うのは「チャッキ―くん」はキッチンの流し下のマットが好きなところ。
そこでゴロンと横になると、落ち着くのか寝てしまいます。

またゴハンは外よりキッチンでもらうとよく食べます。
これは飼い主さんから台所でゴハンをもらっていた習慣からかも。

夏場、外へ出そうとすると尻込みします。
抱っこして出すと、「なんてことするんだ」みたいな顔で振り返ります。

「チャッキ―くん」は「クルミちゃん」に会いたいのかもしれません。
しかしワクチン未接種のままで他の内ニャンコと混ぜるわけには…。

Chakky_20020205a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

Chakky_20032902a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

Chakky_20032901a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

Chakky_19081603a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年7月18日 (土)

シマネくん(7)

Shimane_20042501a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

三角家付近、キジトラ・アメショ混、『シマネくん』尿毒症で他界

「シマネくん」は先月から痩せ気味になっていました。
動物病院で抗体検査と去勢手術をして、自宅のケージに保護しました。

しかし環境が変わったためかほとんど飲まず食わず。
水を少し舐める程度で、トイレに座ったまま動かず。

トイレでウンチは確認すれど、オシッコは不明。
翌朝、動物病院で尿道が詰まっているのが確認されました。

処置して尿を出すと、結石でざらざらしていました。
私が病院に連れてくのが遅くなったのが原因で尿毒症に。

入院して毎日排泄させてもらいましたが、尿毒症の影響が消えず。
7月14日早朝、病院のケージの中で冷たくなっているのが発見されました。

男子♂ニャンの排尿困難は緊急を要し、一日置くと助からないことがあるそうです。
じっと座ったままになった時点で救急で病院に行き処置してもらえば助かったかもしれません。

「シマネくん」は推定2~3歳。若すぎます。
私に付いてきてお腹を見せてゴロンゴロンする姿が忘れられません。
助けられなくてゴメンね、シマネくん。合掌。

Shimane_19061401a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Shimane_20040301a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Shimane_19052301a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月30日 (火)

ロケットちゃん(3)

Rocket_20043004a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

三角家付近、茶トラ、『ロケットちゃん(仮称)』子連れ

昨年の時点(↓下3枚目)でお腹が大きかった「ロケットちゃん」です。
最近2頭の茶トラと一緒にいるのを確認しました。
1頭は「チャーチくん」で、もう1頭は3ヶ月くらいの子ネコです。

「チャーチくん」は1歳くらいなのでたぶん昨年の夏の子。
子ネコはこの春の子で、もうじき中ネコの部類に入るでしょう。

「ロケットちゃん」はよく馴れていますが、子ネコは逃げます。
「チャーチくん」も馴れていますので。子ネコもじきに馴れるでしょう。

Rocket_20042602a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Rocket_20042601a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Rocket_19052102a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月 7日 (日)

ミサゴくん(3)

Misago_20042501a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

三角家付近、白髪交じりの黒ニャン、『ミサゴくん(仮称)』

最近ではいつもいる「ミサゴくん」です。
Hさん家のニャンコだと思われていましたが、全く帰っていないもよう。
黒ニャンは判別が難しいのですが、Hさん家の黒ニャンと「ミサゴくん」は違う可能性も。
もしそうだとすると、「ミサゴくん」はどちらのニャンコやら?

いつの間にやらよく馴れてしまい、傍を通ると付いて回ります。
しかし気性が荒くなったらしく、他のニャンコによくくって掛かっています。
以前は気弱に見えましたが、生き抜くために場数を積んできたのかもしれません。
優先順位は高く、ボスの「シマゾウくん」の次くらいだと思われます。

Misago_20051301a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Misago_20042301a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Misago_19060902a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Misago_19060601a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月 5日 (金)

グレイくん(8)

Gray_20042401a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

三角家付近、グレー、ご隠居『グレイくん』入院ス

長年の修行の結果、満身創痍の「グレイくん」です。
ここのところ食欲旺盛で、静かに暮らしていました。

それが先日、顎の下に傷と腫れが見つかりました。
消毒して軟膏を塗ったところ、かさぶたが剥がれ、化膿しているのがわかりました。
中を洗浄して癒着するか1日様子を見たところ、まだ腫れを確認したので動物病院へ。

切開していただいたところ、病巣は顎から喉まで達しており入院になりました。
採血検査したところ、体力も落ちているということでした。(一番下↓が入院中の画像)

ですが百戦錬磨の「グレイくん」はまったく食欲が落ちていませんでした。
抗生剤を打ち、毎日洗浄してもらったところ、1週間ほどで傷口はほぼふさがり快復。
退院後は、外は勧められないとのことでしたので、Aさんに断って私の自宅に引き取りました。

今は「ハッシーちゃん」一家の居る部屋で、タンスの上に陣取って静かにしています。
おそらく「グレイくん」は「ハッシーちゃん」の祖父か曾祖父か…ご先祖のはずです。
Aさんによると、若い頃の「グレイくん」は繁殖旺盛で元気だったそうですから。

Gray_20042101a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Gray_19122801a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Gray_19072301a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Gray_20052102a
機材: SHARP SHV45 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月 4日 (木)

モサくん

Mosa_20010201a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

三角家付近、グレー長毛、「モサくん」手術入院ス

「モサくん」は「チッチくん」「ミンミくん」と一緒に産まれた兄弟です。
ヒトに馴れずゴハンだけ食べに来ていましたが、先日脇腹に大きなかさぶたを付けていました。

そのまま完治すればいいのですが、化膿しており、しかも状態が好転しませんでした。
捕獲して獣医師に診せたところ、怪我ではなく腫瘍という診断で、入院と手術になりました。
一番下↓の画像が手術後の姿です。脇腹の縫い目が痛々しい。

経過はよく、9日間の入院を経て退院。検査結果は悪性ではなく、一安心でした。
そのまま放す訳にもいかず、退院時に去勢手術をお願いし、今は自宅で温和しくしています。
排泄はちゃんとトイレでしてくれ、食欲も旺盛です。縫合の痕もだんだん体毛に埋もれてきました。

ただ馴れていないのは仕方がなく、これから少しずつ歩み寄る予定です。

また環境の急激な変化があり、その適応も待つ必要があります。

手を出すと「シャーッ」と威嚇しますが、ほとんど攻撃はしてきません。
せいぜい肉球パンチくらいで爪は出しません。頭部を搔いたり撫でたりはさせてくれます。

Mosa_20050302a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Mosa_20050301a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Mosa_20052101a
機材: SHARP SHV45 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年5月31日 (日)

だんだん坂(5)

Dandan_19030401a

いつもの「だんだん」に、いつものニャンコ

この段差が間合い。安心。すぐにトンヅラ可

ダッシュは上り坂の方が得意。絶対の優越感

下りはちょっと…。でもあのおっちゃんなら

Shimane_18122502a

Liberty_19020501a

Hassy_18120203a

Shimazo_18111901a

以上の撮影機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年5月23日 (土)

チャッピーちゃん(4)

Chappy_20051603a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

三角家付近、サバトラ・グレー『チャッピーちゃん(仮称)』

遭遇稀ですが、それでも月に数回会えることがあります。
何処かでゴハンは飼い主さんからもらっているのでしょう。
カリカリを置いてもあまり食べません。もっと美味しいものを普段もらっているようです。

「チャッピーちゃん」は、家に居る「ハッシーちゃん」の姉妹です。
少し太めになった「ハッシーちゃん」と比べて、「チャッピーちゃん」はスレンダーです。

Chappy_20051601a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Chappy_20051602a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Chappy_20041101a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

より以前の記事一覧