6: 三角家付近のニャンコ

2019年8月14日 (水)

ソードくん(3)

Sward_19071101a

三角家~だんだん辻付近、茶トラ、飼いネコの『ソードくん』

勢力を拡大できたのかどうか判りませんが、三角家によく戻ってくるようになりました。
だんだん辻付近では「スミエちゃん」と仲良くしていたようです。

しかし、だんだん辻付近では「ビュンくん」「ジロリくん」の姿がパッタリです。
毎日いた「ダイズくん」もこの数日は見ていません。今夏のシーズンが終了したのかも。

「ソードくん」との間合いはだいぶ近くなって最短1.5mほど。
こちらが立っていると2mが限界ですが、しゃがんで身を低くしているともう少し詰められます。

Sward_19080901a

Sward_19062801a

Sward_19062401a

Sward_19081201a

以上の撮影機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月13日 (火)

チッチくん(6)

Fa_19050701a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

三角家付近、黒ニャン、飼いネコ『チッチくん』負傷ス

先月の初旬、「チッチくん」の左目が目やにでいっぱいなのを発見しました。
目薬をさしながら拭き取ると、瞬膜が腫れている様子。結膜炎かと思いましたが、まぶたに傷がありました。
ケンカして目を引っ掻かれた可能性が大です。角膜まで傷が達していると危ないですが、目玉は大丈夫そうでした。
5種ワクチンを打っているので、猫特有の感染症ではないと思われました。
怖いのは炎症なので、毎日目薬をさしながら洗浄しました。(↓1、2枚目の画像)
瞬膜の腫れは続きましたが、目やには1週間ほどで治まりました。
さらに1週間ほどで腫れもひきましたが、後遺症でまだ角膜が濁っています。(↓3枚目の画像)

おかげで懐いていた「チッチくん」が警戒するようになり、今は落ち着いて撫でられません。
目薬は「チッチくん」にとってイジメでしかないもようで、かなり不快な思いをさせてしまいました。
取り押さえて目薬を垂らしティッシュで拭き取るわけですから、それはもうもがきました。
本気で引っ掻かれ、私は出血する傷も負いました。ですが目と比べたら腕の傷は軽いものです。入浴時に沁みますが。
たぶん「チッチくん」は目薬恐怖症になったはずです。プラス、私への不信感も。
まあ気長に手懐けて信頼を回復したいと思います。

Fa_19071502a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Fa_19071501a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Fa_19081201a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月 8日 (木)

ミサゴくん(2)

Misago_19071003a

三角家付近、白髪交じりの黒ニャン、飼いネコ『ミサゴくん(仮称)』

ここのところ毎日顔を見せる「ミサゴくん」です。
「チッチくん」よりむしろ出会う機会が多くなりました。
暑い昼間以外は三角家前のだんだんからあまり離れないようです。

区別の難しい黒ニャンですが、こちらもたいぶ見慣れてきました。
やや茶色がかった黒い毛並みに混じるまばらな白毛でも判ります。
ですがやはり顔つきでしょう。「チッチくん」より温和しげで気弱そうです。

間合いは0m。鼻クンクンまでしてくれますが、触ろうとすると逃げます。
飼い主さんらしきHさんが捕まえられれば良いのですが。

Misago_19071001a

Misago_19071002a

Misago_19070801a

Misago_19062802a

Misago_19062801a

以上の撮影機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月 4日 (日)

シマネくん(4)

Shimane_19071001a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

三角家付近、キジトラ・アメショ混、馴れない飼いネコ『シマネくん』

相変わらずコソコソしている「シマネくん」ですが、優位な時は1mほどまで寄らせてくれまることがあります。
↑上の画像は庇の上にいるのを仰いで撮影。こちらが届かないのをわかっており余裕のもよう。
ですが以前よりは寄れることが多く、少しは私の顔を覚えてくれたかも。(↓下1枚目は間合い1.2mほど)

最近この近辺で産まれた子ネコの毛柄をみると、茶トラやサバトラの母猫からクロキジやサビが出ています。
隔世遺伝でなければ父猫にキジがいるはずで、可能性は「シマンジ」「シマゾウ」「シマネ」の3頭です。
「シマンジくん」は繁殖に熱心で常に女子♀ニャンの周りをうろついていますが、「シマネくん」は大抵離れています。
恐らくボス猫の「シマンジくん」の隙を突いて、コソコソ行為をなしているのでしょう。

Shimane_19051401a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Shimane_18122502a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Shimane_19051402a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月 3日 (土)

モサくん

Mosa_19061902a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

三角家付近、サバトラ洋ネコ風、毛足の長い『モサくん(モコモコちゃん)』

「ナミちゃん」が産んだ子ネ3頭のうち黒ニャンが「チッチくん」と「ミンミくん」でサバトラが「モサくん」でした。
「モサくん」は毛足が長く、ヒマラヤンか何か洋ネコの形質が現れています。父親は「シマネくん」?

子ネコの頃はAさん宅で「ミンミくん」と一緒に食事していました。
しかし最近は三角家の敷地内や少し離れたHさん宅方面で見かけます。
三角家のカリカリの常連ニャンコになってはいるようですが、毎日ではありません。

「モサくん」は子ネコの頃から臆病で全くヒトに馴れませんでした。
今でも私との間合いは3mほどで、寄るとすぐに逃げます。

この時期は夏毛ですが、尻尾のフサフサは大きく膨らんでいます。(↓下2、3枚目、各々右側。左は「ミシマちゃん」)
冬ならモコモコして良いでしょうが、この夏の熱波はキツかろうと思います。

Mosa_19061901a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Mosa_mishima_19050701a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Mosa_mishima_19050702a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年7月30日 (火)

アンズちゃん(3)

Anzu_19052101a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 50mm F1.7 ; トリミング

三角家~だんだん辻付近、茶トラ白、飼いネコ『アンズちゃん(仮称)』

これらの画像は「アンズちゃん」のこの5月のものです。
栄養状態が良く、充分に食べているものと思われました。

それが6月に入って腹部が大きくなり、7月には腹ぼてでお乳も膨らんでいました。
そして2週間ほど姿を見せなくなったので心配していたところ、先日お腹がぺたんこになって現れました。

三角家のカリカリをガツガツ食べる「アンズちゃん」。
だんだん辻の近くで美味しい物をもらっているはずなのに、それでも足りないとなると…。
おっぱいを出すために栄養を必要としているのでしょう。

子ネコの姿はまだ確認できていません。外での出産+子育ては過酷です。外敵もいますから。
「アンズちゃん」を「コロちゃん」と呼んで可愛がっている方がいらっしゃるので今度伺ってみようと思います。

Anzu_19052301a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Anzu_19052302a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Anzu_19051601a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年7月25日 (木)

ツボミちゃん(2)

Tsubomi_19021801a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

三角家付近、茶トラ、胸白、飼いネコ『ツボミちゃん(アカちゃん)』

Aさん宅で「アカちゃん」として育った男子女子♂ニャンですが、今はAさん宅には帰ってきません。
三角家のカリカリを数日おきに食べに来る程度で、普段はどこに居るのか不明です。

「ツボミちゃん」は短いシッポがくねっと曲がっているのが特徴です。
この付近の古株の茶トラは青い目の「ソードくん」、オッドアイの「チヨくん」です。
「ソードくん」はちょくちょく見かけますが、「ツボミちゃん」「チヨくん」との遭遇は稀です。

(2019.07.30:不妊手術済の女子♀ニャンだと判明!「ツボミちゃん」に訂正しました。
この面構えとはいえ、思い込みは怖いものです。ゴメンニャサイ)

Tsubomi_19072201a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Tsubomi_19062001a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Tsubomi_18120202a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年7月22日 (月)

ミサゴくん(1)

Misago_19060901a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

三角家付近、黒ニャン、飼いネコらしい『ミサゴくん(仮称)』

三角家に来る黒ニャンは「チッチくん」「ミンミくん」兄弟と「マクロくん」「ミサゴくん」の4頭になっています。
ぱっと見では区別しにくいですが、馴れると違いがわかります。「ミサゴくん」は真っ黒でも白髪交じりです。

この近辺では「ミサくん」という白髪交じりの黒ニャンがいましたが最近は見かけません。
「ミサくん」は顔の大きな男子♂で風格がありました。この顔のデカさはおそらく「チッチくん」が継承しているかと。
「ミサゴくん」の白髪交じりの黒毛は「ミサくん」に似ています。血縁があると思われますが顔はデカくありません。

また「ミサゴくん」は、ご近所のHさんが「居なくなった」と捜している黒ネコと同一の可能性があります。
「ミサゴくん」は間合い0m。足下まで来るくらい馴れていますが、触ろうとすると逃げます。

Misago_19060302a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Misago_19060301a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Misago_19051601a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 28mm F2.8 ; トリミング

Misago_19051401a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 28mm F2.8 ; トリミング

Misago_19050601a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 50mm F1.7 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年7月21日 (日)

ピーコちゃん(2)

Pieko_19060301a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 28mm F2.8 ; トリミング

三角家付近、Aさん宅の飼いネコ、茶トラ『ピーコちゃん』出産するも

Aさん宅の「ピーコちゃん」が3回目の出産をし、6頭の子猫が生まれました。(↓下2枚目が6頭、↓下1・3枚目は5頭のとき)
しかしAさん宅のニャンコらの間では猫風邪が蔓延し、結局3頭が可哀想なことになりました。

体力低下と栄養失調でサビニャンの「テンちゃん」、
同様に弱ったところでトイレの砂で窒息死したサビの「デコちゃん」、
喘息からの肺炎で茶トラの「キーちゃん」、3頭は1ヶ月未満の生涯でした,。

残ったサビニャン3頭は猫風邪を乗り切り元気に成育中です。
↓下4枚目がサビキジの「デビーちゃん」、5枚目がサビの「ハンちゃん」、6枚目がサビの「コンちゃん」です。

Aさん宅はニャンコのキャパが限界で、この3頭は里親を捜しています。
今のところ「デビーちゃん」は行き先の候補があります。

Pie_kitten_19060301a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Pie_kitten_19060401a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Pie_kitten_19060101a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Pie_devie_19061601a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Pie_han_19061601a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Pie_kon_19061601a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年7月20日 (土)

ハッシーちゃん(6)

Hassy_18122601a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

三角家付近、サバトラグレー『ハッシーちゃん』無事に出産ス

「コナミちゃん」より一ヶ月遅れで「ハッシーちゃん」が臨月となり、保護予定を早めました。
「ハッシーちゃん」は数日は屋内の環境になじめず、暴れ回ったり、脱走したりしました。
しかし産気づく頃には落ち着いて、薄暗い仏間に置いた段ボールを気に入ってくれました。

6月17日早朝に無事出産。4頭の子猫が生まれました。♂1♀3です。(↓下1枚目)
「ハッシーちゃん」の育児は完璧で、子猫らは順調に生育しています。(↓下2枚目)

「コナミちゃん」の子猫は人工哺育で3頭失敗しました。自然の摂理、母猫が育てるのが一番であると痛感します。
「ハッシーちゃん」は偉いです。子猫らはいつもお腹ポンポン。段ボール内は排泄物が全くなくきれいです。

「コナミちゃん」親子と、「ハッシーちゃん」親子は別の部屋で隔離しています。
「ハイちゃん」は初乳を飲んでおらず、「ハッシーちゃん」はワクチン未接種なので。

Hassy_kitten_19062201a
機材:FUJITSU ARROWS F-02H ; トリミング

Hassy_kitten_19071201a
機材:FUJITSU ARROWS F-02H ; トリミング

Hassy_19060401a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Hassy_19030301a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Hassy_19051402a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

より以前の記事一覧