« 2021年2月 | トップページ

2021年3月

2021年3月31日 (水)

モカちゃん(2)

Kaede_21021901a

だんだん上、家の下の空き地が好きな『モカちゃん』

玄関前の常連になっている「モカちゃん」は食べに来るとき以外は私の家には寄りつかないもようです。
おそらくKさん家ちの間を往復しながら、だいたい近所の空き地、更地にいてのんびりと過ごしていると思われます。

↑上と、↓下2枚目は自宅下の崖下で同じ場所です。天気が良ければ午後はすっとここにいます。
路地からも離れて安全だし、陽当たり最高のお気に入りの定位置でしょう。

Kaede_21031401a

Kaede_21022001a

Kaede_21031402a

以上の撮影機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2021 M.CREATIVE M.D.M

ジロウくん(2)

Jiro_21022001a

スルリ、躱し上手、キジ白斑『ジロウくん』

だいぶ警戒を解いてくれて間合い0cm。食事中などで油断しているときなら一瞬だけ背中をツルンと撫でられます。
しかし「ジロウくん」にとっては「しまった、不覚、触らせてしまった」というところですかね。

何かくれるかもしれないと思っているらしいときは私の足下まで寄ってきます。
危険人物ではないと見なしてくれているか、食欲の本能が克っているのか、いつでも逃げられる自信があるのか…。
次の段階は背中をなで続けられることですが、当分先でしょう。

前はAさん家の裏にいつも来ていた「ジロウくん」ですが、今は三角家の周りにいて、庇の上の日向ぼっこが日課です。

Jiro_21021201a

Jiro_21032901a

Jiro_20101901a

Jiro_20102602a

以上の撮影機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2021 M.CREATIVE M.D.M

ミンミくん(3)

Minmi_21022001a

躱すのが上手、真っ黒ニャンの『ミンミくん』

「チッチくん」「モサくん」と3兄弟の「ミンミくん」ですが、まだ保護できていません。
首輪を付けられるほど撫でたり接触はできるものの、捕まえようとすると気配を察知して逃げます。
一度抱えてキャリーに入れようとしたところ暴れて失敗。今は熱りを冷ましつつ懐柔中です。

特に普段は持っていない大きな荷物があったり、珍しくチュールをごちそうされたりすると警戒するようです。
チュールは喜んで舐めますが、もうないとわかると身を引きます。通常と異なることには違和感を覚えるのかもしれません。

「ミンミくん」を保護すれば、三角家付近で身元がわからないニャンコは「ミサゴくん」だけになります。

Minmi_20092101a

Minmi_20102101a

Minmi_19071601a

以上の撮影機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2021 M.CREATIVE M.D.M

2021年3月 6日 (土)

ソードくん(5)

Sward_21011904a

Aさん家のアカチビ『ソードくん』、家の縁側にも、Kさん家にも

縁側に捨てるマット(ニャンコにボロボロに)を置いていたら、「ソードくん」のいい昼寝場所に。
おかげでしばらくは捨てられなくなりました。(上↑と下↓2枚の画像)
気持ちよさそうです。寝ぼけているのか、警戒心が薄く、1mまで寄れました。

元々Aさん家にいた子ネコ♂「アカチビ」が成長して、滅多に家に帰ってこなくなったのが「ソードくん」です。
三角家付近からだんだん辻、そして私の家の周りまでが縄張りかと思っていましたが、Kさん家の敷地内にもいました。↓

Sward_21011902a

Sward_21011903a

そしてKさん家の玄関先でゴハン待ちしているらしい「ソードくん」です。(この下↓3枚)
これは「ダイズくん」ではなく「ソードくん」です。目がブルーで、右のフグフグと顎や喉に白毛があります。
精悍なイメージの「ソードくん」ですが、なんとも可愛らしくなってますね。丸くなった感じです。

Sward_21021903a

Sward_21021901a

Sward_21021902a

以上の撮影機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2021 M.CREATIVE M.D.M

« 2021年2月 | トップページ