« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »

2020年11月

2020年11月20日 (金)

ジンジャーくん(6)

Ginger_20101401a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

三角家付近、茶トラ白、『ジンジャーくん』丸々と

以前警戒心が強かった時と比べると、まるで別のニャンコのような「ジンジャーくん」です。
寄ってきてスリスリ、懐っこいためにご近所の皆に食べ物をもらっている可能性があります。

丸々と太って立派な男子♂ニャン、顔もデカく風格があります。
しかし気は弱く、「ミサゴくん」や「シマンジくん」が来ると追い払われてしまいます。

現在三角家付近に居るのは男子♂ニャンか不妊手術済の女子♀ニャンです。
男子♂ニャンらは交配目当てではなく食生活のために集まっており、その優性順位は力関係でしょう。
「ジンジャーくん」は古株ですが、順位は真ん中くらい。気の強いニャンコやボスには負けます。
ただしAさん家の若い「キンタくん(チャニー)」や「ターくん」よりは上のもようです。

Ginger_20101403a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Ginger_20101402a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Ginger_20102101a
機材:SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年11月17日 (火)

アイちゃん(6)

Ai_20111202a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

天満宮境内、狛猫風の『アイちゃん』

ちょうど日向ぼっこしている「アイちゃん」を見付けました。
天満宮の狛犬の近くで、陽に当たりながら毛繕いをしていました。

トレードマークの背中の白鳥がキレイです。(↓下2枚目)
ただ、日射しがまぶしいのか大きい目は細めていてます。
一番下↓は「アイちゃん」らしいクリクリ目の画像です。

Ai_20111203a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Ai_20111201a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Ai_20062501a
機材:SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年11月13日 (金)

クロくん(5)

Kuro_20100701a

黒白、八割れならず、『クロくん』腎不全で逝く

今回の画像が「クロくん」の最期の姿になってしまいました。
随分痩せていたので、飼い主さんに確認したところ、ゴハンを食べられず病院で診察を受けたとのことでした。

その後、しばらく「クロくん」を見かけなくなったので心配していました。
そして先日再度確認したところ、腎不全のため助からなかったことが判りました。

12~13歳ほどだったと思われます。「クロくん」、ご冥福を。合掌。

ニャンコの泌尿器疾患には注意が必要ですね。

Kuro_20090302a

Kuro_20100702a

Kuro_20090301a

以上の撮影機材:SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年11月 9日 (月)

ミシマちゃんの子ネコら

Mishima_19021803a
機材:Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

『ミシマちゃん』の子ネコら成長ス

未熟で成長が遅かった「ミシマちゃん」の子ネコ3頭は無事成長して絶好調です。
毛柄は違えどもいずれもキリッとした顔立ち(目)でママ譲りでしょう。(↑上は古いですがキリッとしたミシマちゃん)

「フウちゃん」はお乳を吸う力が弱く、栄養失調で人工哺乳が必要でしたが、今や3頭中で一番大きくなりました。
キジですが胴体の柄は渦巻きのタビー、尻尾がほとんどありません。(↓下1~3枚目)

「ケンくん」はロート胸で肺活量が小さく、成長自体が危ぶまれましたが、今は元気に跳ね回っています。
♂男子ニャンなのに他の♀2頭より一回り小柄で、毛柄は「フウちゃん」ちゃんと同じ渦タビーです。(↓下4~6枚目)

「ミカちゃん」は3頭中でもっとも順調に成長しました。脱走の機会をいつも狙っています。
ドライアイらしく目やにが絶えません。(↓下7~9枚目)

「フウちゃん」と「ケンくん」の渦タビーはアメショ混でよく見られますが、近所だと故「シマネくん」に似ています。
もしかしたらパパは「シマネくん」かもしれません。


<黒キジ、ボブテイル「フウちゃん」>

M_fu_20051701a
機材:Canon EOS M100 ; EF-M22mm F2 STM ; トリミング

M_fu_20092602a
機材:Canon EOS M100 ; EF-M22mm F2 STM ; トリミング

M_fu_20110501a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング


<黒キジ、短尾「ケンくん」>

M_ken_20051702a
機材:Canon EOS M100 ; EF-M22mm F2 STM ; トリミング

M_ken_20092601a
機材:Canon EOS M100 ; EF-M22mm F2 STM ; トリミング

M_ken_20110501a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング


<三毛、「ミカちゃん」>

M_mika_20051009a
機材:Canon EOS M100 ; EF-M22mm F2 STM ; トリミング

M_mika_20092501a
機材:Canon EOS M100 ; EF-M22mm F2 STM ; トリミング

M_mika_20110501a
機材:Canon EOS M100 ; EF-M22mm F2 STM ; トリミング


機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

チックくん(2)

Tic_20073101a

モグさん家の子ネコ、薄めキジトラ『チックくん』絶好調

もうそろそろ1歳かという中ネコの「チックくん」です。
家中を走り回り、落とす・破る・ひっくり返すの毎日。

モグさんや私によく馴れていて、甘えてきたり・乗ってきたり・噛みついたり…。
ニャンコなりの親愛の情を示してくれますが、痛い…。これは中ネコでは普通とはいえ、痛い。

猫風邪の鼻炎は治っていますが、後遺症は残ったようで、寝ているときイビキをかきます。
また起きているときも、うにょむにょくうぐうと何か唱えたような独り言を言います。

Tic_20073102a

Tic_20080202a

Tic_20080201a

Tic_20080101a

以上の撮影機材: Canon EOS M ; EF-M 22mm F2 STM ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年11月 2日 (月)

ロケットちゃんと子ネコら

Rocket_20091501a

『ロケットちゃん』保護、無事4頭出産

昨9月、お腹が大きくなった「ロケットちゃん」。さわると子ネコの頭が判るくらいでした。
もう出産の頃合いだというのに三角家付近をうろうろして、どこにも帰らず。
秋雨の時期に外での出産は問題ありと思い、自宅のケージに保護しました。

ケージ内に段ボールを入れたおいたところ、保護後4日目に、4頭の子ネコを出産。(↓下1、2枚目)
その後、サビキジ2、茶トラ2の子ネコらは順調に育ち、もう離乳期になりました。(↓下3~7枚目)

ただしまだ名前がありません。仮名くらいは必要ですが、実はまだ区別が難しいので。

Rocket_20092601a

R_kitten_20091501a

R_kitten_20102701a

R_kitten_20102702a

R_kitten_20102703a

R_kitten_20102704a

以上の撮影機材:SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

« 2020年10月 | トップページ | 2020年12月 »