« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »

2020年6月

2020年6月30日 (火)

ロケットちゃん(3)

Rocket_20043004a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

三角家付近、茶トラ、『ロケットちゃん(仮称)』子連れ

昨年の時点(↓下3枚目)でお腹が大きかった「ロケットちゃん」です。
最近2頭の茶トラと一緒にいるのを確認しました。
1頭は「チャーチくん」で、もう1頭は3ヶ月くらいの子ネコです。

「チャーチくん」は1歳くらいなのでたぶん昨年の夏の子。
子ネコはこの春の子で、もうじき中ネコの部類に入るでしょう。

「ロケットちゃん」はよく馴れていますが、子ネコは逃げます。
「チャーチくん」も馴れていますので。子ネコもじきに馴れるでしょう。

Rocket_20042602a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Rocket_20042601a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Rocket_19052102a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月28日 (日)

ダイズくん(3)

Daizu_20050901a

だんだん辻~上、茶トラ、『ダイズくん(仮称)』

最近は「チャッキーくん」と同じくらいの遭遇率になった「ダイズくん」です。
縁側に食事に来る男子♂ニャン中、遭遇回数は多い方です。
ただし「チャッキーくん」が食後に縁側で昼寝していくのに対して、「ダイズくん」は食事のみです。

「ダイズくん」はご近所のブロック塀の上で日向ぼっこするのが好きなようです。
私が外出したり帰宅する際に傍を通りかかるというのがよくあるパターンです。
間合いは15cm程度で、それ以上手を出すと猫パンチを返してきます。

Daizu_20062501a

Daizu_20051601a

Daizu_20042201a

以上の撮影機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月25日 (木)

ショウタくん(4)

Narumi_20042501a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

天満宮裏、キジ白アメショ混、飼いネコの『ショウタくん』

通りがかった路地からふと木陰を見ると、ひょっこり顔を出す「ショウタくん」です。
遭遇頻度は低いのですが、マメに通るとときどき出会います。

子ネコの時に失った左目が痛々しいですが、元気で温和しく暮らしているようです。
同様の「ミーコちゃん」とは久しく会っていません。たぶん元気なのでしょう。

タビーといわれる毛柄は、和ネコでは縞柄が普通でした。
渦巻きの縞は洋ネコの特徴だったのですが、最近よく見かけるようになりました。
つまり和洋のミックスで、ご近所ではこれが当たり前になってきています。

Narumi_20042201a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Narumi_20020101a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

Narumi_19073102a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月21日 (日)

チョロくん(6)

Yon_20051301a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

天満宮裏、キジ白、尾曲がり、路地に降りた『チョロくん』

屋根上の「チョロくん」が降りているところの画像を集めました。
距離が近いのでアップになり、ひょうきんな?毛並みと表情がよくわかります。

毛柄が無ければ、精悍なニャンコも剽軽なニャンコも中身は同じです。
皮膚の色と毛色がある程度対応していますが、目つき以外はだいたい同じでしょう。
キジトラの場合、毛柄に白が入ると見た目では大人しく見えてしまいます。
「チョロくん」が白毛が無く純キジだったら結構風格のある男子♂ニャンに見えたかも。

「チョロくん」というのはたぶん性格を一番反映していると思われます。
可愛くて剽軽で落ち着きがないニャンコということでしょう。

Yon_20042901a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Yon_20042301a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Yon_20041702a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月18日 (木)

チョコちゃん

Kurumi_20061604a

だんだんの上、キジ白、Kさん家の『チョコちゃん』と子ネコ

先日の大雨の時、縁側の段ボールで隠れている「リボンちゃん」を見付けました。
(後で、「リボンちゃん」でなく「チョコちゃん」と判明)

で、一昨日、家の玄関先に灰色の子ネコが!
その後ろには「リボンちゃん」?。親子だと判りましたが…。
画像を照合したところ「リボンちゃん」ではなく「チョコちゃん」と判明。

子ネコは1頭で、性別不明、仮称「コアラちゃん」として記録しました。

Kurumi_20061601a

Kurumi_20061603a

Kurumi_koala_20061601a

「チョコちゃん」の子『コアラちゃん(仮称)』

Koala_20061603a

Koala_20061602a

Koala_20061601a

以上の撮影機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月15日 (月)

プーさん(7)

Shibu_20050701a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

天満宮裏、サビニャン、睨みの『プーさん』

いつも出会えて写真になるのはやはり睨みの「プーさん」(旧シブさん)です。
ただ単にカメラ目線を送ってくれているだけなのですが、ジロリと睨んでいるように写ります。

サビニャンは顔に黒と茶色の模様ができますので、その柄により、表情があるように見えてしまいます。
特に黒毛が多いと、黙っていても睨んでいるように見えてしまいます。

温和しく、いつも撫でさせてくれる「プーさん」です。
柄で損していますが、優しい「プーさん」でし。


Shibu_20043002a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Shibu_20043001a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Shibu_20031601a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

Shibu_19121001a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 50mm F1.7 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月14日 (日)

リョウちゃん(6)

Shar_20050201a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

だんだん辻、灰ネコ白足袋、『リョウちゃん』

最新の「リョウちゃん」の画像↑を見ると、「サクラちゃん」と同じ首輪です。
このタイプは失いにくく、ニャンコの首への負担も少ないのかもしれません。

「リョウちゃん」は飼い主さん宅の門柱上によくいるのですが、最近はそうとも限りません。
ご近所のアパートの通路上で座っていたりゴロンゴロしているのを見かけます。
どうやらアパートの住人の方にも可愛がられているようです。

私が「リョウちゃん」を撫でられるまでには時間が掛かりました。
結構気むずかしい警戒心の強いニャンコだと思っていましたがそうでもないようです。

Shar_19100601a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Shar_19071301a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Shar_19062001a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Shar_19050801a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月13日 (土)

シュンタロウくん(4)

Wakka_20043004a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

天満宮裏、純キジトラ、精悍な『シュンタロウくん』

以前はよく出会いましたが、最近はなかなか会えません。
「シュンタロウくん」は、いつも飼い主さん宅の玄関から路地に出たり入ったりですが…
ちょうど出ているときに私が通りかかるというタイミングが必要です。
また、私がカメラを持ち出しているという条件も。

茶トラと比べると、キジトラは縞がくっきり見え、精悍な感じがします。
茶よりも黒がコントラストが強いためで、画像だとさらにはっきり写ります。
「シュンタロウくん」は顔立ちもポワンとしておらず、姿全体が凜としています。

キジといっても毛色の濃さには個体差があり、薄くなるとサバトラに近くなります。
「シュンタロウくん」は純キジトラで、黒キジほど黒毛は多くありません。

Wakka_20043002a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Wakka_20043003a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Wakka_19030501a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月11日 (木)

タビくん(3)

Tabi_20051401a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

天満宮裏、キジトラ白足袋、『タビくん』

遭遇稀かつ撮影稀な「タビくん」の貴重な画像です。
といっても飼いネコなので飼い主さん宅にはいつも居るわけです。
私がなかなか会えないのと、偶に出会っても撮影前に逃げられるためです。

タイミングというのは難しいものです。
狙っていてもほぼ振られ、期待していないときは遭遇しても間に合わず。

↑上の画像は望遠側で寄ってアップにしたもの。
一番下↓はそれから少し引いて背景を入れています。
後者だと木漏れ日の縞模様と「タビくん」の縞々が良い感じです。

Tabi_20040501a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

Tabi_19070901a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Tabi_20051402a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月10日 (水)

サクラちゃん(6)

Momo_20051301a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

だんだん辻、クリーム三毛、『サクラちゃん』のファッション

ニャンコ自体の毛並みはほぼ一生同じですが、飼い主さんが付けてくれる首輪はよく変わります。

まずニャンコはすぐに首輪を失います。外れたり、外したり。脱出首輪だと1日で終わり。
上手く外れず残っても、後ろ足で首を搔くときよく爪がかかかるのですぐに毛羽だってボロボロに。
ある程度消耗すると飼い主さんの好みで替えられることが多いようです。

いつもだんだん辻を通って出かけますが、最近は門番の「リョウちゃん」があまりいません。
「サクラちゃん」の方がよく座っています。手を出すと撫でたり搔いたりさせてくれてます。
今のサクラちゃんのファッションはピンクの編んだ紐首輪です。これ、外れにくいもよう。

Momo_20051302a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Momo_19050701a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Momo_19091401a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Momo_19031802a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月 9日 (火)

ハッシーちゃん一家

ハッシーちゃんと1歳の子ネコら

画像では可愛く座っていますが、我が子が近づくとシャーッと怒る「ハッシーちゃん」です。
室内飼いで狭いのと、成長した我が子が鬱陶しいらしく最近は機嫌が悪いようです。
本来ならとっくに親離れ子離れで子別れしており、縄張りで悠々としているはずなのです。
いつまでも子ネコが、しかも全部傍に居るのは本能に反するためのストレスがあるのでしょう。

特に女子♀ニャン同士だと、親が出て行くか子を追い出すかです。
「クルミちゃん」と「ミルクちゃん」のように家族で子ネコの世話をするのならまだしも。
不妊手術をして、しかも成猫の♀同士だと仲が悪くなってしまうことがあります。

(室内光のみの撮影なので絞りを開けており、ピントの深度が薄く、一部甘い絵です)


<ハッシーちゃん>

Hassy_20052301a


<オペラくん>

H_opera_20052301a


<マーブルちゃん>

H_marble_20052301a


<シフォンちゃん>

H_chffon_20052301a


<ショコラちゃん>

H_chocolate_20052301a

以上の撮影機材: Canon EOS M ; EF-M 22mm F2 STM ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月 8日 (月)

ターボーちゃん(6)

Ocha_20043001a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

天満宮付近、尾曲がりのサビキジ、『ターボーちゃん』

遭遇率の高い「ターボーちゃん」は画像が結構溜まります。
最近と一年前の「ターボーちゃん」を比較するつもりでしたが…同じです。

地味で目立たないので慣れないと判別が難しいサビです。
夏毛と冬毛ならまだしも、同時期だと見た目は全く同じです。

ただ環境は変化しています。旧料亭跡にはマンションがもうすぐ完成。
影響で付近の様子が変わっており、境内で見かけるニャンコが減っています。

工事が終わって落ち着けばニャンコらはいずれ適応するでしょう。
「ターボーちゃん」らの昼寝場所が平穏でありますように。

Ocha_20041402a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

Ocha_20032301a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Ocha_20020202a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

Ocha_19062501a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Ocha_19030501a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月 7日 (日)

ミサゴくん(3)

Misago_20042501a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

三角家付近、白髪交じりの黒ニャン、『ミサゴくん(仮称)』

最近ではいつもいる「ミサゴくん」です。
Hさん家のニャンコだと思われていましたが、全く帰っていないもよう。
黒ニャンは判別が難しいのですが、Hさん家の黒ニャンと「ミサゴくん」は違う可能性も。
もしそうだとすると、「ミサゴくん」はどちらのニャンコやら?

いつの間にやらよく馴れてしまい、傍を通ると付いて回ります。
しかし気性が荒くなったらしく、他のニャンコによくくって掛かっています。
以前は気弱に見えましたが、生き抜くために場数を積んできたのかもしれません。
優先順位は高く、ボスの「シマゾウくん」の次くらいだと思われます。

Misago_20051301a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Misago_20042301a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Misago_19060902a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Misago_19060601a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月 5日 (金)

グレイくん(8)

Gray_20042401a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

三角家付近、グレー、ご隠居『グレイくん』入院ス

長年の修行の結果、満身創痍の「グレイくん」です。
ここのところ食欲旺盛で、静かに暮らしていました。

それが先日、顎の下に傷と腫れが見つかりました。
消毒して軟膏を塗ったところ、かさぶたが剥がれ、化膿しているのがわかりました。
中を洗浄して癒着するか1日様子を見たところ、まだ腫れを確認したので動物病院へ。

切開していただいたところ、病巣は顎から喉まで達しており入院になりました。
採血検査したところ、体力も落ちているということでした。(一番下↓が入院中の画像)

ですが百戦錬磨の「グレイくん」はまったく食欲が落ちていませんでした。
抗生剤を打ち、毎日洗浄してもらったところ、1週間ほどで傷口はほぼふさがり快復。
退院後は、外は勧められないとのことでしたので、Aさんに断って私の自宅に引き取りました。

今は「ハッシーちゃん」一家の居る部屋で、タンスの上に陣取って静かにしています。
おそらく「グレイくん」は「ハッシーちゃん」の祖父か曾祖父か…ご先祖のはずです。
Aさんによると、若い頃の「グレイくん」は繁殖旺盛で元気だったそうですから。

Gray_20042101a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Gray_19122801a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Gray_19072301a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Gray_20052102a
機材: SHARP SHV45 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月 4日 (木)

モサくん

Mosa_20010201a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

三角家付近、グレー長毛、「モサくん」手術入院ス

「モサくん」は「チッチくん」「ミンミくん」と一緒に産まれた兄弟です。
ヒトに馴れずゴハンだけ食べに来ていましたが、先日脇腹に大きなかさぶたを付けていました。

そのまま完治すればいいのですが、化膿しており、しかも状態が好転しませんでした。
捕獲して獣医師に診せたところ、怪我ではなく腫瘍という診断で、入院と手術になりました。
一番下↓の画像が手術後の姿です。脇腹の縫い目が痛々しい。

経過はよく、9日間の入院を経て退院。検査結果は悪性ではなく、一安心でした。
そのまま放す訳にもいかず、退院時に去勢手術をお願いし、今は自宅で温和しくしています。
排泄はちゃんとトイレでしてくれ、食欲も旺盛です。縫合の痕もだんだん体毛に埋もれてきました。

ただ馴れていないのは仕方がなく、これから少しずつ歩み寄る予定です。

また環境の急激な変化があり、その適応も待つ必要があります。

手を出すと「シャーッ」と威嚇しますが、ほとんど攻撃はしてきません。
せいぜい肉球パンチくらいで爪は出しません。頭部を搔いたり撫でたりはさせてくれます。

Mosa_20050302a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Mosa_20050301a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Mosa_20052101a
機材: SHARP SHV45 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

« 2020年5月 | トップページ | 2020年7月 »