« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月

2019年8月29日 (木)

マクロくん(3)

Macro_19050701a

三角家付近、真っ黒ニャンの『マクロくん(仮称)』

最近では三角家のカリカリに集まるのが男子♂ニャンばかりになりました。
黒ニャンで常時いるのが「チッチくん」「マクロくん」「ミサゴくん」、時々「ミンミくん」の4頭。
それに「シマネくん」「チャッキ-くん」「シマゾウくん」が常連。しばしば「グレイくん」「リバくん」「ジンジャーくん」。
「シマネくん」「グレイくん」「ミンミくん」はAさんの帰りが遅くてゴハンを待ちきれないときに回ってくる程度です。

なので黒ニャン3頭に茶トラ「チャッキ-くん」がゴハン待ちしていることが多くなっています。
そしてこの4頭中で飼いネコかどうか確定していないのが「マクロくん」です。
ここのところ毎日来ていますが以前は何日も現れなかったこともあり、またよく馴れているので飼いネコだと考えられました。
こんなにいつも居るとなると、家に帰っていないのかもしれず、家出ニャンコか?
いずれにせよ里子確定の「チッチくん」と前後して「マクロくん」もそうなる可能性在りです。

Macro_19052301a

Macro_19050702a

Macro_19060601a

以上の撮影機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月27日 (火)

ミーコちゃん(4)

Nin_19080902a

天満宮付近、三毛、尾曲がり、飼いネコの『ミーコちゃん』

この7月、8月の「ミーコちゃん」です。藪や植え込みが好きなのかよく居ます。
私が近づいたので隠れただけかもしれませんが、夏場の草陰は涼しげです。

この辺り天満宮裏の路地は天然記念物の大楠の木陰になっています。
直射日光が当たらない地面はヒンヤリしていて、体熱を逃がすのによさそうです。

植え込みの落ち葉の上か、路地のコンクリの上か、一番涼しいのはどこでしょう。
その時の風向きや気温・湿気で心地よさも変わるでしょう。
ネコのヒゲは風向きや湿気を測るセンサーだそうです。

Nin_19080901a

Nin_19080801a

Nin_19071701a

Nin_19070501a

以上の撮影機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月24日 (土)

チャッキ-くん(3)

Chakky_19081601a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

三角家~だんだん辻付近、茶トラ、飼いネコ『チャッキ-くん(仮称)』

ここのところ三角家に毎日やってくる「チャッキ-くん」、ゴハンは自宅でもらおうね。
一時期からピンクのノミ取り首輪を付けており飼いネコでしょう。飼い主さん宅は推定しかできていません。

いわゆる鳴きネコで、私がカリカリの補給をしているとニャアニャア言いながら待っています。
甘えているのか不平を言っているのかは判りませんが、「ミサゴくん」と一緒に鳴きながら寄ってきます。

三角家のカリカリはいつまでもあるわけじゃありません。頭数も減ったことで徐々に量を減らしています。
近いうちに「チッチくん」たち常駐のニャンコの分だけになるでしょう。飼いネコは飼い主さんにゴハンをもらいましょう。

「チャッキ-くん」とは、先日、鼻ツンから背中を撫でたのが最短の間合いです。
それ以上手出したところスルスルっと私の足下をくぐって逃げました。飼い主さんだけに馴れているパターンです。

Chakky_19081001a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Chakky_19080102a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Chakky_19070501a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月23日 (金)

チビタくん(3)

Bomb_19060601a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

天満宮裏の外れ、茶トラ白、飼いネコの『チビタくん』

偶に会えていた「チビタくん」ですがこの夏はまだ見かけず。
その辺で涼んでいるのでしょうが、タイミングが良くないのか会えません。

この顔の毛柄、愛嬌があっていいのですが、接近困難。
間合い2mほど。たぶん馴れたヒトにだけスリスリするのでしょう。

Bomb_19010802a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Bomb_19010801a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Bomb_18101402a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月21日 (水)

ゴエスキーくん(3)

Chame_19071801a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

天満宮裏、茶トラ白足袋、『ゴエスキーくん』涼み中

ちょくちょく会えて、最近は月に3回です。以前は余り会えませんでしたので、ラッキーです。
真夏の昼頃、暑くなって日陰の冷たいコンクリで涼んでいるようです。(↑上、及び↓下3枚目)
(↓下1,2枚目は蒸し暑い雨上がり)

こういう茶トラ、個人的には好きなので是非撫でたいのですが、間合いは2mほど。
以前よりは1mほど詰められましたが、まだまだ警戒されています。次の目標は1.5m、あと1歩。

Chame-_19072901a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Chame_19072904a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Chame_19081102a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月20日 (火)

ハイちゃん(2)

Hi_19082001a
機材: SONY DSC-TX30 ; 自動発光 ;トリミング

「コナミちゃん」の子の生き残り、サビニャンの『ハイちゃん』トイレ訓練中

元気に暴れ回る「ハイちゃん」です。「コナミちゃん」と取っ組み合って遊んでいます。
「コナミちゃん」とはママと言うよりお姉ちゃんという感じで仲良しです。

しかし困っているのがトイレです。躾けに難儀しています。
「ハイちゃん」はネコトイレでも排泄するのですが、部屋の隅っこでもしてしまいます。
行為に至る怪しげな座り方(後ろ足をハの字に広げ、少しお尻を持ち上げて座る)をしたら即確保してトイレへ連行。
私がいればカサカサという音から前兆に気づけるのですが、居ないときにやられると手の打ちようがありません。
後でキッチンペーパーとファブリーズを持ってかたづけることになります。細長いウンチならまあセーフ。
ドロッとしたウンピだと最悪。オシッコは時間が経つと染みてしまうので厄介です。特に畳の上はやめてくれ~。

ちなみに「コナミちゃん」はトイレでしますが、ウンチをしても全く砂かけをしません。ホカホカはクサイです。
また「ハイちゃん」のが緩くならないよう、親子ともウエットフードを減らしてカリカリ中心に慣れる訓練中です。

Hi_19082002a
機材: SONY DSC-TX30 ; 自動発光 ;トリミング

Hi_19081601a
機材: FUJITSU F-02H ;トリミング

Hi_19072102a
機材: SONY DSC-TX30 ; 自動発光 ;トリミング

Konami_hi_19080701a
機材: SONY DSC-TX30 ; 自動発光 ;トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月19日 (月)

ハッシーちゃんの子ネコら(1)

生後6~7週くらい、無事成長中の「ハッシーちゃん」の子ネコです。
もう離乳期で猫缶もカリカリも食べますが、まだおっぱいの方が好きなようです。
子ネコ同士組んずほぐれつ元気に暴れ回っています。お皿をひっくり返すので片付けが大変です。
ただ、トイレの躾けが不十分です。ネコトイレよりも部屋の片隅が好きなヤツがいて、その後始末が大変です。

(↓下1、9枚目以外は室内光のみでの撮影です。高感度なうえ手振れ補正なしのSS1/15~1/60のため画質荒く甘いです)

 

クロキジ、♂『オペラくん(仮称)』

H_opera_19080303a
機材: SONY DSC-TX30 ; 自動発光 ; トリミング

H_opera_19080301a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M28mm F2.8 ; トリミング

H_opera_19080501a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M28mm F2.8 ; トリミング

 

サビニャン、♀『ショコラちゃん(仮称)』

H_chocolate_19080502a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M28mm F2.8 ; トリミング

H_chocolate_19080501a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M28mm F2.8 ; トリミング

H_chocorate_19072401a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M28mm F2.8 ; トリミング

 

サバトラ、♀『マーブルちゃん(仮称)』

H_marble_19080501a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M28mm F2.8 ; トリミング

H_marble_19072401a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M28mm F2.8 ; トリミング

H_marble_19080301a
機材: SONY DSC-TX30 ; 自動発光 ; トリミング

 

クリームサビ、♀『シフォンちゃん(仮称)』

H_shiphon_19080501a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M28mm F2.8 ; トリミング

H_shiphon_19072301a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M28mm F2.8 ; トリミング

H_shiphon_19080502a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M28mm F2.8 ; トリミング

 

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月17日 (土)

クルミちゃん(2)

Sumomo_19081602a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

だんだん上付近、サビキジ、Kさん宅の飼いネコ『クルミちゃん』のアジト

先日は台風だったので雨宿りで居たのかと思いきや、その後は夜になると玄関前で寝ている「クルミちゃん」です。
問題ありなので、連続で「クルミちゃん」のページを掲載しました。

昨夕方頃にも居たので引き戸を開けたところ、「クルミちゃん」と「ダイズくん」が一緒にいました。(↓下4枚目)
私が出て行くと驚いて逃げましたが、「クルミちゃん」はすぐに戻ってきました。そしてなんとスリスリ攻撃。(↓下3枚目)
お腹を出してゴロンゴロン。急に懐いてどうしたのかと思うと、少し遠ざかってから「ニー」と鳴く「クルミちゃん」。
すると私に警戒しながらも背後を駆け抜ける「ミルクちゃん」。(↓下2枚目) えー? いつも居るの?

そこで逃げる「ミルクちゃん」を追跡してみると…。裏の粗大ゴミを置いている縁側の下に隠れました。
すぐに「クルミちゃん」も続いて入りましたので、どうやらそこが親子のアジトになっているようです。
そういえばその辺りは「ダイズくん」がよく寝ていた場所です。

また、「ミルクちゃん」のそばに「ダイズくん」がいても「クルミちゃん」は気にしませんでした。

ということで判ったのは…
「ミルクちゃん」の父親は「ソードくん」ではなく「ダイズくん」らしいこと。
「クルミちゃん」親子は、少なくとも今は私の自宅敷地内を根城にしているらしいこと。
の2つです。

「ミルクちゃん」が親離れするまでは、家の裏をアジトにするのかもしれませんし、一時的なものと思われますが…。
おーい「クルミちゃん」! Kさん宅が本拠地だろ~。ゴハンもらいに帰りなさーい。

で、もう一つの問題点は「ミルクちゃん」がヒト馴れしていないことです。
「クルミちゃん」は馴れていますので、それが取っ掛かりになればと思います。

Sumomo_19081603a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Sumomo_19081604a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Sumomo_19081601a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Sumomo_daizu_19081601a
機材: FIJITSU F-02H ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月14日 (水)

クルミちゃん(1)

Sumie_19071501a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

だんだん上付近、サビキジ、Kさん宅の飼いネコ『クルミちゃん』と子ネコ

遭遇機会が少なかった「クルミちゃん」(旧仮称スモモちゃん)ですが、先日記事を上げてすぐ私の自宅前にいました。

自宅では「ダイズくん」の栄養補給の為に1日1回だけカリカリのお皿を出しているのですが、ひょいと見ると「クルミちゃん」でした。

Kさん家でゴハンはもらっているはずなので、単に外食に来たかと思いきや、カリカリの匂いだけ嗅いで食べません。
私が陰に隠れると、「クルミちゃん」がニーと鳴き、白の多い茶トラ白の子ネコが走ってきて食べ出しました。

成猫だと1日2回のゴハンで充分ですが、離乳期の子ネコは4回以上食べます(子ネコは食いだめできません)。
子ネコが成長してお乳だけでは足りなくなった親ネコが、野生なら狩りをして養うところを余所のゴハンでで賄うことはあります。

自宅の外に置いてあるカリカリは補給用なので少量(50gくらい)です。親子には足りないでしょう。
「ダイズくん」が来て食べなければ子ネコの1食分くらいにはなりますが、夜1回だけで、しかも雨天時はなしです。
子ネコがいるので「おうちで食べなさーい」と追い返すわけにも行かず、しばらく様子見です。

この数日「ダイズくん」の姿はなく、「クルミちゃん」親子だけ来ています。
薄暗いところでのコンデジ、ノーフラッシュなため画質が荒れています(↓下1~3枚目)
ところでこの子ネコ、オッドアイっぽいです。ヒトに馴れますように。

Sumomo_19081401a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Sumomo_19081001a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Sumomo_kitten_19081401a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

ソードくん(3)

Sward_19071101a

三角家~だんだん辻付近、茶トラ、飼いネコの『ソードくん』

勢力を拡大できたのかどうか判りませんが、三角家によく戻ってくるようになりました。
だんだん辻付近では「スミエちゃん」と仲良くしていたようです。

しかし、だんだん辻付近では「ビュンくん」「ジロリくん」の姿がパッタリです。
毎日いた「ダイズくん」もこの数日は見ていません。今夏のシーズンが終了したのかも。

「ソードくん」との間合いはだいぶ近くなって最短1.5mほど。
こちらが立っていると2mが限界ですが、しゃがんで身を低くしているともう少し詰められます。

Sward_19080901a

Sward_19062801a

Sward_19062401a

Sward_19081201a

以上の撮影機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月13日 (火)

チッチくん(6)

Fa_19050701a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

三角家付近、黒ニャン、飼いネコ『チッチくん』負傷ス

先月の初旬、「チッチくん」の左目が目やにでいっぱいなのを発見しました。
目薬をさしながら拭き取ると、瞬膜が腫れている様子。結膜炎かと思いましたが、まぶたに傷がありました。
ケンカして目を引っ掻かれた可能性が大です。角膜まで傷が達していると危ないですが、目玉は大丈夫そうでした。
5種ワクチンを打っているので、猫特有の感染症ではないと思われました。
怖いのは炎症なので、毎日目薬をさしながら洗浄しました。(↓1、2枚目の画像)
瞬膜の腫れは続きましたが、目やには1週間ほどで治まりました。
さらに1週間ほどで腫れもひきましたが、後遺症でまだ角膜が濁っています。(↓3枚目の画像)

おかげで懐いていた「チッチくん」が警戒するようになり、今は落ち着いて撫でられません。
目薬は「チッチくん」にとってイジメでしかないもようで、かなり不快な思いをさせてしまいました。
取り押さえて目薬を垂らしティッシュで拭き取るわけですから、それはもうもがきました。
本気で引っ掻かれ、私は出血する傷も負いました。ですが目と比べたら腕の傷は軽いものです。入浴時に沁みますが。
たぶん「チッチくん」は目薬恐怖症になったはずです。プラス、私への不信感も。
まあ気長に手懐けて信頼を回復したいと思います。

Fa_19071502a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Fa_19071501a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Fa_19081201a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月11日 (日)

ダイフクくん(4)

Daifuku_19073101a

天満宮の鶏番、キジ白、飼いネコ『ダイフクくん』久しぶり

しばらく会えなかった「ダイフクくん」が社務所の前に出て鶏番をやってました。
しかもデカくなってました。立派な男子♂ニャンにすくすく成長したようです。

普段は私のタイミングが悪いだけなのでしょう。ほぼ半年ぶりでした。
初めは遠目だと「ダイフクくん」に見えませんでしたが、こちらに顔を向けてくれたらすぐに判りました。

愛想の良さは変わらず、ゴロンゴロンして撫でさせてくれました。
トリさんたちとの関係も適度な間合いで良好なもようです。

Daifuku_19073103a

Daifuku_19073102a

Daifuku_19073104a

以上の撮影機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月10日 (土)

一期一会のニャンコら(10)

<だんだん上のなかなか会えないニャンコら>

Kさん宅周辺の撮影機会が稀なニャンコらです。

果たしてどれくらいるのか把握できていません。

(このページ掲載後すぐにKさんから名前が違っていると教えて頂き、訂正をしました)

 

☆キジ白、Kさん宅の飼いネコ『チョコちゃん』☆
Kurumi_19061301a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング Kurumi_19051001a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング
外ニャンコなのでKさん宅周辺に居ることは確かなのですが、タイミングが悪く会えません。
上の2回だけで以降パッタリ。まとまった撮影ができたら1ページ作ります。
(こちらが「チョコちゃん」らしいです。)

 

☆サビ、Kさん宅付近の謎ニャン『コハクちゃん(仮称)』☆
Kohaku_19061302a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Kohaku_19061301a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング
面構えは立派ですが、サビニャンなのでほぼ女子♀ニャンと思われます。
今のところ、このとき1回だけの一期一会。間合い4mほどで、ヒト慣れは怪しいもよう。

 

☆サビキジ、この辺りのアイドルニャンコ『クルミちゃん』☆
Sumomo_19061301a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング
Sumomo_19030301a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング
だんだん上付近では「クルミちゃん」争奪戦があるほど男子♂ニャンに人気がありました。
しかし最近は見かけません。近くで撮影できたのも上の1枚目くらいです。
(こちらが「クルミちゃん」とのこと。「スモモちゃん」から訂正しました)
(飼いネコで毎日食事に戻っているはずなのに会えません。食べるときだけしか現れないとか…?)

 

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月 9日 (金)

シッコ3号くん(仮称)

Shikko3rd_19070501a

天満宮付近、薄サビキジ白、まだ謎の『シッコ3号くん(仮称)』

初め「シッコ1号くん」だと思って整理していましたが、よく見ると毛柄が違いました。
縞柄が薄めでサバトラに近い白ソックスです。しかし表情が似ています。血縁在りかも。

遭遇した場所も、よく「1号くん」を見かける辺りでした。
夏毛になって毛色が薄くなったのかとも思いましたが、おでこの縞柄の間隔で判別できました。

画像ファイル名に'SHIKKO'と付けていたので仮称「シッコ3号くん」にしておきます。

間合い1.5mほどなので「1号くん」よりは寄れました。
しかし逃げ足は似ています。とっととずらかられて撮影できなかった時もありました。

Shikko3rd_19070502a

Shikko3rd_19062502a

Shikko3rd_19062501a

以上の撮影機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月 8日 (木)

ミサゴくん(2)

Misago_19071003a

三角家付近、白髪交じりの黒ニャン、飼いネコ『ミサゴくん(仮称)』

ここのところ毎日顔を見せる「ミサゴくん」です。
「チッチくん」よりむしろ出会う機会が多くなりました。
暑い昼間以外は三角家前のだんだんからあまり離れないようです。

区別の難しい黒ニャンですが、こちらもたいぶ見慣れてきました。
やや茶色がかった黒い毛並みに混じるまばらな白毛でも判ります。
ですがやはり顔つきでしょう。「チッチくん」より温和しげで気弱そうです。

間合いは0m。鼻クンクンまでしてくれますが、触ろうとすると逃げます。
飼い主さんらしきHさんが捕まえられれば良いのですが。

Misago_19071001a

Misago_19071002a

Misago_19070801a

Misago_19062802a

Misago_19062801a

以上の撮影機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月 7日 (水)

リボンちゃん

Fuyu_19051002a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

だんだんの上の方、キジ白、Kさん家の飼いネコ『リボンちゃん』

この辺りを通る度にきょろきょろしているわけですが、Kさん宅のニャンコは難易度高です。
タイミングや運の問題もありますが、高い塀や藪に視界を遮られることが多く、逃げられたら終わりです。

これらの撮影(5,6月)の後はパッタリで、出会えません。写真が古くならないうちに掲載しておきます。

写真をよく見ていると「リボンちゃん」の毛並みはキレイです。お目々もパッチリ。
外ニャンコなので少し汚れていますが、シャンプーしてあげたらフカフカの美猫になりそうです。

Fuyu_19061301a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Fuyu_19051001a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月 6日 (火)

ユズさん(4)

Hemo_19060901a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 50mm F1.7 ; トリミング

天満宮裏手、キジトラ、遭遇稀、飼いネコの『ユズさん』

タイミングが悪いのか、滅多に会えない「ユズさん」です。
昨5・6月で数枚撮影できたので、1ページ分の記事になました。

なでなでできたのも、飼い主さんが一緒に居たときだけで、以降、間合い1.5mほどです。
遭遇頻度は、「プー」>「ロペ」>「アカネ」>「チョロ」>「コウ」>「ユズ」>「スダチ」でしょう。

「コウさん」以上の頻度のニャンコだと撮影しないで素通りすることもあります。
ですが、「ユズさん」「スダチちゃん」だと、貴重な出会いと言うことで、できるだけ記録しています

だいたいすぐに隠れてしまうので、カメラを鞄から出している内に、塀の中へ消えチャンスを逃すこと多々。

Hemo_19050801a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Hemo_19052401a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Hemo_19060902a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 50mm F1.7 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月 4日 (日)

シマネくん(4)

Shimane_19071001a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

三角家付近、キジトラ・アメショ混、馴れない飼いネコ『シマネくん』

相変わらずコソコソしている「シマネくん」ですが、優位な時は1mほどまで寄らせてくれまることがあります。
↑上の画像は庇の上にいるのを仰いで撮影。こちらが届かないのをわかっており余裕のもよう。
ですが以前よりは寄れることが多く、少しは私の顔を覚えてくれたかも。(↓下1枚目は間合い1.2mほど)

最近この近辺で産まれた子ネコの毛柄をみると、茶トラやサバトラの母猫からクロキジやサビが出ています。
隔世遺伝でなければ父猫にキジがいるはずで、可能性は「シマンジ」「シマゾウ」「シマネ」の3頭です。
「シマンジくん」は繁殖に熱心で常に女子♀ニャンの周りをうろついていますが、「シマネくん」は大抵離れています。
恐らくボス猫の「シマンジくん」の隙を突いて、コソコソ行為をなしているのでしょう。

Shimane_19051401a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Shimane_18122502a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Shimane_19051402a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月 3日 (土)

モサくん

Mosa_19061902a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

三角家付近、サバトラ洋ネコ風、毛足の長い『モサくん(モコモコちゃん)』

「ナミちゃん」が産んだ子ネ3頭のうち黒ニャンが「チッチくん」と「ミンミくん」でサバトラが「モサくん」でした。
「モサくん」は毛足が長く、ヒマラヤンか何か洋ネコの形質が現れています。父親は「シマネくん」?

子ネコの頃はAさん宅で「ミンミくん」と一緒に食事していました。
しかし最近は三角家の敷地内や少し離れたHさん宅方面で見かけます。
三角家のカリカリの常連ニャンコになってはいるようですが、毎日ではありません。

「モサくん」は子ネコの頃から臆病で全くヒトに馴れませんでした。
今でも私との間合いは3mほどで、寄るとすぐに逃げます。

この時期は夏毛ですが、尻尾のフサフサは大きく膨らんでいます。(↓下2、3枚目、各々右側。左は「ミシマちゃん」)
冬ならモコモコして良いでしょうが、この夏の熱波はキツかろうと思います。

Mosa_19061901a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Mosa_mishima_19050701a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Mosa_mishima_19050702a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月 2日 (金)

タビくん(2)

Tabi_19060602a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

天満宮裏、キジトラ白足袋、飼いネコの『タビくん』

なかなか撮影機会のない「タビくん」ですが、この6月7月に続けて撮影できました。
あまり自宅から離れないようなので、実際はちょくちょく遭遇します。
ですがすぐ隠れてしまったり、暗くて撮影条件が悪かったりで記録は少なくなります。

間合いは1m。↓一番下の画像がそうです。
接近する素振りを私が見せたところ、「タビくん」が足を縮めたので、それ以上近づきませんでした。

Tabi_19060601a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Tabi_18091501a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Tabi_18081705a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Tabi_19071901a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年8月 1日 (木)

チョロくん(5)

Yon_19030502a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

天満宮裏手、キジトラ白、尾曲がりの飼いネコ『チョロくん』

今回は屋根上にいない「チョロくん」の画像を集めました。
↑上だけがフェンスの上(脇)で、↓下3枚は路地上です。

鼻の周りの白毛とフグフグの左右非対称の柄、そして尻尾が可愛いですな。
特に尻尾は、今自宅に居るニャンコがすべて長い尾なので、短いのは妙に個性的に見えます。
うんと短いのがボブテイル、短いのが曲がって膨らんで見えるのがポンテイル。
「チョロくん」は曲がっていますがあまり膨らんでいないので微妙なところです。

間合い1.5m。私のことは覚えているようですが「怪しいヤツ」という認識のもよう。

Yon_19062401a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Yon_19051301a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Yon_19051302a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Yon_19051501a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »