« シッポちゃん(3) | トップページ | ハッシーちゃん(6) »

2019年7月19日 (金)

コナミちゃん(4)

Konami_19051401a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

三角家付近、サビ茶トラ『コナミちゃん』帝王切開で出産ス

先日まではまだ子猫、中ネコだと思っていましたが(一番下の画像)、妊娠し、しかも出産困難なため緊急手術となりました。

<経緯>
「コナミちゃん」のお腹が大きくなっていたことは前々から気づいていました。
そして昨5月15日、私が「コナミちゃん」を見つけたとき、産道からは子猫の頭が半分飛び出している状態でした。

すぐにAさんに連絡し、私が動物病院(麦わらわんにゃん病院)に連れて行きました。
「コナミちゃん」は生後10ヶ月ほどで骨盤がまだ発達しておらず、自然分娩は無理な状況でした。
そのままでは母子共に生存不可能。緊急に帝王切開するしかないとの事でした。

命の問題ということから、院長の判断でその日の予約手術をすべて延期するなど最善を尽くしていただきました。
(動物病院の対応はすばらしく、また予約を快く延期していただいた飼い主さんたちにも感謝いたします)
おかげで、一時は母猫と全ての子猫が助かりました。(↓下1枚目は産まれた4匹の子猫)
(緊急事態ということで費用を後回しにしたり、その後も支払が遅れたことで動物病院にご迷惑をかけてしまい、もう頭が上がりません)

ただし、子猫の内、黒ネコ(チビクロくん)は産道に頭部が挟まれていたため、また小さい茶トラ白(チャーミィくん)は未熟で生存は難しいとの指摘を受けていました。
「コナミちゃん」の母乳が出ず人工哺育となりましたが、この時期の子猫は私も初めての対応でした。
子猫たちにとって初乳をもらえていないのが一番の気がかりでした。
で、獣医師の危惧の通り、私の経験不足も在り、「チビクロくん」と「チャーミィくん」「チャルルちゃん」は残念な結果になりました。
(「チビクロくん」は誤嚥による窒息が直接的な死因、「チャーミィくん」は他の子猫に潰された圧死、大きい方の茶トラ白「チャルルちゃん」は栄養失調による衰弱死と考えられます)
(上手く授乳ができなかったので、もっと経験のある方ならこの3頭の命を救えたかも知れないと思うと胸が傷みます)

なお残ったサビ猫の「ハイちゃん」は順調に成長し、この時点で生後2ヶ月、まだ子猫のつもりの「コナミちゃん」と元気に遊んでいます。
(「ハイちゃん」の成長記録は別のページで)

Konami_kitten_19051601a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング ; デフューズ発光

Konami_19051001a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Konami_shimane_19020501a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Konami_19030501a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Konami_19050901a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Konami_19030502a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

<Konami_18091402a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

« シッポちゃん(3) | トップページ | ハッシーちゃん(6) »

1: 外ニャンコ」カテゴリの記事

2: 内ニャンコ」カテゴリの記事

6: 三角家付近のニャンコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シッポちゃん(3) | トップページ | ハッシーちゃん(6) »