« シロウくん | トップページ | 一期一会のニャンコら(4) »

2018年12月 9日 (日)

シッポちゃん(2)

Mashiro_18060103a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

天満宮裏、純白の老猫、飼いネコの『シッポちゃん』

子ネコはそれだけで可愛いものでちょっとズルいなという感じですが、私的には老猫が大好きです。
ニャンコが長生きできるには、ネコ本ニャンの生命力だけでなく、飼い主さんの愛情も必要だからです。
病気しない、怪我しない、事故に遭わない、きちんとゴハンをもらえる、安全な寝場所がある…。
他にも、不妊手術、予防接種、何かの時にすぐに動物病院で診察してもらえるなど。

人間のご長寿さんだと、長生きの秘訣は?というインタビューをメディアでちょくちょく見かけます。
ではご長寿ニャンコは? 私は仕事先関係で20年以上生きた老猫を3頭知っています。最高齢22歳です。
当のニャンコはニャンとも答えてくれないので、飼い主さんに伺うとだいたい似通ったお話を聞けました。
16~17歳は若い頃ほどではないにしろ元気に動き回っていたが、行動がゆったりになった。
17~18歳で外ネコもあまり外へ出なくなり家の中にいて寝ている時間が多くなった。
18~19歳以降、食事やトイレ、日向を探すなど必要最低限な移動しかしなくなった。
こうやって書き出してみると人間と同じですね。個人差はおいておき、ヒトだと70~80、80~90、90~100歳くらいかと。
つまり、高齢ニャンコもヒトと同じで、静かにゆっくり適度に食べる寝る動くのがいいようです。
(注:あまり外に出たがらない老猫が急に出たがった場合は「お別れ」を悟っている可能性も)

「シッポちゃん」は鼻の脇に腫瘍があったりするので、上のご長寿ニャンコとは状況が異なります。
ですが、だんだんとゆったりになり、家の中にいる時間が増えたりとかは同じようです。
この夏は玄関先で涼んでいる「シッポちゃん」をよく見かけました。もう今の時期は屋内で丸くなっているでしょう。
いずれにせよ、長生きニャンコを見るととても嬉しくなります。
「シッポちゃん」もがんばれ。長く静かにゆったりとね。

Mashiro_18060101a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

Mashiro_18060102a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 18-150mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

Mashiro_18081701a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

©2018 M.CREATIVE M.D.M

« シロウくん | トップページ | 一期一会のニャンコら(4) »

1: 外ニャンコ」カテゴリの記事

8: 天満宮付近のニャンコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シロウくん | トップページ | 一期一会のニャンコら(4) »