« コウさん(3) | トップページ | モフくん(1) »

2018年11月22日 (木)

プリちゃん

Puri_18111802a

長崎新大工「笑幸」の福ニャン、薄サビの「プリちゃん」

笑幸」のメニューには、大将がお客さんの好みを聞きながらその日の食材で「あて」を出してくれる
<おまかせ笑コース(4品)>がありますが、これより1品多い<おまかせプリコース(5品)>もあります。
「プリ」って? 魚の「ブリ」? 「プリプリ」の刺身? いいえ、福ニャンの「プリちゃん」です。

今回は大将にお願いして、特別に「プリちゃん」を連れてきてもらい、店内で撮影しました。
最近よくメディアで取り上げられている「看板ニャンコ」と違い、「プリちゃん」は内猫の「隠れ福ニャン」です。

「プリちゃん」との出会いは2016年7月が最初です。まだ子ネコでした。(当時の画像はこちら
三角家付近にいた「ミウちゃん」が産んだ子ネコらの1頭でした。
「ハッシーちゃん」らが一世代上のお姉ちゃん、おそらく「シマンジくん」らと同じ世代だと思われます。

その後すぐ「プリちゃん」は三角家の住人、つまり「笑幸」の大将に保護され、完全室内飼いになりました。
内猫であり諸事情からお店に出られない「プリちゃん」は、大将の仕事中は自宅でお留守番をしています。
なので滅多に会えません。たまに「プリちゃん」を連れて移動中の大将と出会うくらいです。

「プリちゃん」はとてもおとなしいニャンコで、リード付でお散歩ができます。
猫用トートバックから顔を出してじっとしている姿はとてもお利口です。
我が家のニャンコらでは絶対に無理です。やはり子ネコの頃からのしつけだと思われます。

私が「笑幸」に寄らせてもらうようになった切っ掛けはニャンコでした。
三角家付近にいるニャンコらの撮影をしていたところ、玄関が開いて大将が顔を出したところが始まりでした。
「プリちゃん」を抱っこした大将からお店の名刺をもらい、月に2回ですが食事中心で寄るようになりました。
最近ではご近所のAさんと「ニャンコ対策会議」?(つまり猫談義)に至ることもあります。

※このページの画像は室内光のみで撮影しています。カメラぶれは補正されていますが、下の1枚目は被写体ぶれで甘い絵になっています。

Puri_18111801a

Puri_18111806a

以上の撮影機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

©2018 M.CREATIVE M.D.M

« コウさん(3) | トップページ | モフくん(1) »

2: 内ニャンコ」カテゴリの記事

3: 長崎地元」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コウさん(3) | トップページ | モフくん(1) »