2: 内ニャンコ

2020年9月12日 (土)

コアラくん(1)

Koala_20090702a

グレー白足袋ちょこっと、『コアラくん』縦横無尽

「チョコちゃん」の子の「コアラくん」は、中ネコになるちょっと前の子ネコ、今一番やんちゃな時期です。
お腹を壊していて下痢気味なため薬を飲ませているのですが、体調とは裏腹にむしろ絶好調に見えます。

家の中に上がり込んで以来、子ネコの特権で先住ネコらにも受け入れられました。
しかし「コアラちゃん」は物怖じせず縦横無尽に暴れ回るので、特に「クルミちゃん」一家はもてあましています。

ママの「チョコちゃん」は今月になって姿を見ていません。
外のカリカリはよく減っていますが、「チョコちゃん」が食べに来ているかは不明です。

Koala_20090701a

Koala_20090703a

Koala_20090705a

Koala_20090706a

以上の撮影機材: Canon EOS M100 ; EF-M 22mm F2 STM ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月 9日 (火)

ハッシーちゃん一家

ハッシーちゃんと1歳の子ネコら

画像では可愛く座っていますが、我が子が近づくとシャーッと怒る「ハッシーちゃん」です。
室内飼いで狭いのと、成長した我が子が鬱陶しいらしく最近は機嫌が悪いようです。
本来ならとっくに親離れ子離れで子別れしており、縄張りで悠々としているはずなのです。
いつまでも子ネコが、しかも全部傍に居るのは本能に反するためのストレスがあるのでしょう。

特に女子♀ニャン同士だと、親が出て行くか子を追い出すかです。
「クルミちゃん」と「ミルクちゃん」のように家族で子ネコの世話をするのならまだしも。
不妊手術をして、しかも成猫の♀同士だと仲が悪くなってしまうことがあります。

(室内光のみの撮影なので絞りを開けており、ピントの深度が薄く、一部甘い絵です)


<ハッシーちゃん>

Hassy_20052301a


<オペラくん>

H_opera_20052301a


<マーブルちゃん>

H_marble_20052301a


<シフォンちゃん>

H_chffon_20052301a


<ショコラちゃん>

H_chocolate_20052301a

以上の撮影機材: Canon EOS M ; EF-M 22mm F2 STM ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月 5日 (金)

グレイくん(8)

Gray_20042401a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

三角家付近、グレー、ご隠居『グレイくん』入院ス

長年の修行の結果、満身創痍の「グレイくん」です。
ここのところ食欲旺盛で、静かに暮らしていました。

それが先日、顎の下に傷と腫れが見つかりました。
消毒して軟膏を塗ったところ、かさぶたが剥がれ、化膿しているのがわかりました。
中を洗浄して癒着するか1日様子を見たところ、まだ腫れを確認したので動物病院へ。

切開していただいたところ、病巣は顎から喉まで達しており入院になりました。
採血検査したところ、体力も落ちているということでした。(一番下↓が入院中の画像)

ですが百戦錬磨の「グレイくん」はまったく食欲が落ちていませんでした。
抗生剤を打ち、毎日洗浄してもらったところ、1週間ほどで傷口はほぼふさがり快復。
退院後は、外は勧められないとのことでしたので、Aさんに断って私の自宅に引き取りました。

今は「ハッシーちゃん」一家の居る部屋で、タンスの上に陣取って静かにしています。
おそらく「グレイくん」は「ハッシーちゃん」の祖父か曾祖父か…ご先祖のはずです。
Aさんによると、若い頃の「グレイくん」は繁殖旺盛で元気だったそうですから。

Gray_20042101a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Gray_19122801a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Gray_19072301a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Gray_20052102a
機材: SHARP SHV45 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年6月 4日 (木)

モサくん

Mosa_20010201a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

三角家付近、グレー長毛、「モサくん」手術入院ス

「モサくん」は「チッチくん」「ミンミくん」と一緒に産まれた兄弟です。
ヒトに馴れずゴハンだけ食べに来ていましたが、先日脇腹に大きなかさぶたを付けていました。

そのまま完治すればいいのですが、化膿しており、しかも状態が好転しませんでした。
捕獲して獣医師に診せたところ、怪我ではなく腫瘍という診断で、入院と手術になりました。
一番下↓の画像が手術後の姿です。脇腹の縫い目が痛々しい。

経過はよく、9日間の入院を経て退院。検査結果は悪性ではなく、一安心でした。
そのまま放す訳にもいかず、退院時に去勢手術をお願いし、今は自宅で温和しくしています。
排泄はちゃんとトイレでしてくれ、食欲も旺盛です。縫合の痕もだんだん体毛に埋もれてきました。

ただ馴れていないのは仕方がなく、これから少しずつ歩み寄る予定です。

また環境の急激な変化があり、その適応も待つ必要があります。

手を出すと「シャーッ」と威嚇しますが、ほとんど攻撃はしてきません。
せいぜい肉球パンチくらいで爪は出しません。頭部を搔いたり撫でたりはさせてくれます。

Mosa_20050302a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Mosa_20050301a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Mosa_20052101a
機材: SHARP SHV45 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年5月31日 (日)

クルミちゃんの子ネコら(5)

Sumomos_20051401a
機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

「クルミちゃん」の子ネコ(生後2ヶ月)

ニャンコらが休むときは一族が固まる傾向があります。
↑上の画像は窓際でくつろぐ「クルミちゃん一家」です。

↓下は生後2ヶ月の子ネコらです。
ニャンコの一生中、これから1年はもっとも跳び回る時期です。

しかし室内光の中だと、動きのある撮影は無理。
どうしても座った画像ばかりになります。

<仮称「ワンちゃん」↓>

K_wan_20052901a

K_wan_20052902a

<仮称「ランちゃん」↓>

K_ran_20052902a

K_ran_20052901a

<仮称「リンくん」↓>

K_lin_20052901a

K_lin_20052902a

以上の撮影機材: Canon EOS M ; EF-M 22mm F2.0 STM ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年5月30日 (土)

ミシマちゃんの子ネコら

ミシマちゃんの子ネコら(3~4週目)

目が開いてヨチヨチ歩きの子ネコらです。
小柄で未熟児と思われ、健康に成長できるか不安があります。

「ミシマちゃん」のおっぱいは十分でも、元が小さいので発達が遅いもよう。
これからの成長を期待しています。


仮称「ミウちゃん」

M_kitten_miu_20052301a

M_kitten_miu_20052901a


仮称「フウちゃん」

M_kitten_fu_20052302a

M_kitten_fu_20052902a


仮称「クウちゃん」

M_kitten_kou_20052903a

M_kitten_kou_20052303a

以上の撮影機材: Canon EOS M ; EF-M 22mm F2 STM ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年5月11日 (月)

クルミちゃんの子ネコら(4)

Sumomo_20051001a

「クルミちゃん」の子ネコ(生後6週目)

生後1ヶ月を超えた「クルミちゃん」の子ネコたちです。
離乳は順調に進んで、もう成猫用のカリカリもかじっています。
ですが、おっぱいがまだ大好きです。(↑上の画像:クルミちゃんの顔は被写体ぶれ)

子ネコらは組んずほぐれつ遊び回り、跳ね回っています。
私の足にかじりついたり、肩までよじ登ってきたりもします。
調子に乗って先輩ニャンコらの邪魔をして叱られることもしばしば。

<仮称「ワンちゃん」↓>

K_wan_20050701a

K_wan_20050702a

K_wan_20050901a

<仮称「ランちゃん」↓>

K_ran_20200901a

K_ran_20050601a

K_ran_20050701a

<仮称「リンくん」↓>

K_lin_20050702a

K_lin_20050701a

K_lin_20050901a

以上の撮影機材: Canon EOS M ; EF-M 22mm F2.0 STM ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年4月26日 (日)

「クルミちゃん」の子ネコら(3)

S_kitten_20042501a

「クルミちゃん」の子ネコ(生後4週目)

順調に成長し、よちよち歩くだけでなく走り回るようになりました。
ママのおっぱいが主ですが離乳食も食べます。

また自力で排泄もします。油断すると畳の隅に細長ーいウンチが…。
これからトイレの躾の時期です。

子育てについては「ミルクちゃん」だけでなく「コナミちゃん」も参加しています。
おっぱいは「クルミちゃん」だけですが、眠るとき夜は「コナミちゃん」、昼は「ミルクちゃん」と一緒のもよう。

さらに遊び相手は兄妹だけでなく「ハイちゃん」も。
皆に受け入れられるのは子ネコの特権のようです。

<仮称「ワンちゃん」↓>

S_wan_20042501a

S_wan_20042502a

<仮称「ランちゃん」↓>

S_ran_20042501a

S_ran_20042502a

<仮称「リンくん」↓>

S_lin_20042501a

S_lin_20042502a

以上の撮影機材: Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年4月20日 (月)

クルミちゃんの子ネコら(2)

S_kitten_20041602a

「クルミちゃん」の子ネコ(生後3週目)

「クルミちゃん」の愛情に育まれて元気な子ネコたちです。
もうよちよち歩きで箱から出てきます。ときどきコケますが。

初めは警戒心が強く他のニャンコらを威嚇していた「クルミちゃん」。
今は環境に適応して他のニャンコらと並んでゴハンを食べます。

興味深いのは「ミルクちゃん」が子育てに協力していることです。
授乳はできませんが、「クルミちゃん」の休息中に子ネコを世話しています。

おっぱいを吸い取られている「クルミちゃん」にも疲労感が…。(下一番下の画像)
食事やトイレ、休憩中は「ミルクちゃん」に任せているようです。

<仮称「ワンちゃん」↓>

S_kitten_20041807a

<仮称「ランちゃん」↓>

S_kitten_20041607a

<仮称「リンくん」↓>

S_kitten_20041603a

<「クルミちゃん」↓>

Sumomo_20041601a

以上の撮影機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年4月 7日 (火)

ニャンコ寸景(7)

「猫饅頭(にゃんまん)」

コレハニャニカ? 目の前にある毛の塊、山、饅頭っぽい。
横になった鼻先ならともかく、仰向けのとき胸の上にあると…オ・モ・イ。
箱座りしたニャンコの単なる後ろ姿だが、この形、オモシロイ。
以前は「ねこまん」と呼んでいた「にゃんまん」。もちろん食べられにゃい。

Hassy_20021901a

Maruko20011501a

Fa_20012001a

Milk_20033103a

Chita_20040601a

以上の撮影機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M