1: 外ニャンコ

2021年3月31日 (水)

モカちゃん(2)

Kaede_21021901a

だんだん上、家の下の空き地が好きな『モカちゃん』

玄関前の常連になっている「モカちゃん」は食べに来るとき以外は私の家には寄りつかないもようです。
おそらくKさん家ちの間を往復しながら、だいたい近所の空き地、更地にいてのんびりと過ごしていると思われます。

↑上と、↓下2枚目は自宅下の崖下で同じ場所です。天気が良ければ午後はすっとここにいます。
路地からも離れて安全だし、陽当たり最高のお気に入りの定位置でしょう。

Kaede_21031401a

Kaede_21022001a

Kaede_21031402a

以上の撮影機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2021 M.CREATIVE M.D.M

ジロウくん(2)

Jiro_21022001a

スルリ、躱し上手、キジ白斑『ジロウくん』

だいぶ警戒を解いてくれて間合い0cm。食事中などで油断しているときなら一瞬だけ背中をツルンと撫でられます。
しかし「ジロウくん」にとっては「しまった、不覚、触らせてしまった」というところですかね。

何かくれるかもしれないと思っているらしいときは私の足下まで寄ってきます。
危険人物ではないと見なしてくれているか、食欲の本能が克っているのか、いつでも逃げられる自信があるのか…。
次の段階は背中をなで続けられることですが、当分先でしょう。

前はAさん家の裏にいつも来ていた「ジロウくん」ですが、今は三角家の周りにいて、庇の上の日向ぼっこが日課です。

Jiro_21021201a

Jiro_21032901a

Jiro_20101901a

Jiro_20102602a

以上の撮影機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2021 M.CREATIVE M.D.M

ミンミくん(3)

Minmi_21022001a

躱すのが上手、真っ黒ニャンの『ミンミくん』

「チッチくん」「モサくん」と3兄弟の「ミンミくん」ですが、まだ保護できていません。
首輪を付けられるほど撫でたり接触はできるものの、捕まえようとすると気配を察知して逃げます。
一度抱えてキャリーに入れようとしたところ暴れて失敗。今は熱りを冷ましつつ懐柔中です。

特に普段は持っていない大きな荷物があったり、珍しくチュールをごちそうされたりすると警戒するようです。
チュールは喜んで舐めますが、もうないとわかると身を引きます。通常と異なることには違和感を覚えるのかもしれません。

「ミンミくん」を保護すれば、三角家付近で身元がわからないニャンコは「ミサゴくん」だけになります。

Minmi_20092101a

Minmi_20102101a

Minmi_19071601a

以上の撮影機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2021 M.CREATIVE M.D.M

2021年3月 6日 (土)

ソードくん(5)

Sward_21011904a

Aさん家のアカチビ『ソードくん』、家の縁側にも、Kさん家にも

縁側に捨てるマット(ニャンコにボロボロに)を置いていたら、「ソードくん」のいい昼寝場所に。
おかげでしばらくは捨てられなくなりました。(上↑と下↓2枚の画像)
気持ちよさそうです。寝ぼけているのか、警戒心が薄く、1mまで寄れました。

元々Aさん家にいた子ネコ♂「アカチビ」が成長して、滅多に家に帰ってこなくなったのが「ソードくん」です。
三角家付近からだんだん辻、そして私の家の周りまでが縄張りかと思っていましたが、Kさん家の敷地内にもいました。↓

Sward_21011902a

Sward_21011903a

そしてKさん家の玄関先でゴハン待ちしているらしい「ソードくん」です。(この下↓3枚)
これは「ダイズくん」ではなく「ソードくん」です。目がブルーで、右のフグフグと顎や喉に白毛があります。
精悍なイメージの「ソードくん」ですが、なんとも可愛らしくなってますね。丸くなった感じです。

Sward_21021903a

Sward_21021901a

Sward_21021902a

以上の撮影機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2021 M.CREATIVE M.D.M

2021年2月 7日 (日)

モカちゃん

Moka_21020704a

だんだん上、クリームサビ、Kさん家の『モカちゃん』

玄関のガラス越しにベージュの影が見えたので「パンちゃん」かと思いました。
驚かさないようそっと開けたのですが、やはり影は逃げて門扉の蔭へ。
そこで振り返った顔は「パンちゃん」ではなく「モカちゃん」でした。

すると生け垣の蔭にもニャンコの姿が…。で、そちらが「パンちゃん」でした。
記録を撮った後、間合いを詰めたところ、2頭は仲良く逃げて行きました。

「モカちゃん」との間合いは3mほど。私は全く信用されていません。
「パンちゃん」の方がまだ見込みがあります。

Moka_21020701a

Moka_21020702a

Moka_21020703a

以上の撮影機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2021 M.CREATIVE M.D.M

パンちゃん

Ognon_21020601a

謎のニャンコはKさん家の三毛キジ『パンちゃん』

最近、外のカリカリの減りが妙に速いと思っていたら、この子が常連に増えていました。
朝夕いますから、だいぶ食べているもようです。

茶トラとキジが混ざり白もあると、三毛ですがぱっと見はキジです。
三毛の配色で黒が多いとサビになりますが、縞柄が強いとのこういった三毛キジになります。
白が多くて色柄が斑になるともう三毛でしょう。

おでこの柄がタマネギ型にみえたので、仮称「オニョンちゃん」(仏語のオニオン)と呼んでいましたが、
すぐにKさんに「パンちゃん」と教えていただき、記事を修正しました。

じっさい系統から見てKさん家の流れだろうと思っていたところ、今日は「モカちゃん」と一緒に現れました。

「パンちゃん」との間合いは2m。人を警戒しています。
器にカリカリが無いときはニーニー鳴いて待っていますが、呼んでも近くには寄ってきません。
私がカリカリを入れて器から離れると(玄関内に入ると)食べに来ます。

Ognon_21020604

Ognon_21020602a

Ognon_21020603

以上の撮影機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2021 M.CREATIVE M.D.M

2021年2月 6日 (土)

シマンズくん(5)

Shimanz_21020602a

神社参道、キジトラ、サクラの『シマンズくん』健在

最近は神社参道を通る機会が減った上に、通ってもカメラを持てっていなかったりです。
撮影機会は少ないのですが「シマンズくん」がよく参道にいるのは判っていました。
なので今日は「シマンズくん」目当てに行って来ました。

この付近のボスっぽい体格と顔つきです。冬毛なのもありますが立派です。

相棒の「ビリくん」とは会えませんでした。先月はいたのでたまたまでしょう。
寒かったり曇天だったりすると、ゴハン時とか繁殖期でない限り冬場のニャンコはあまり出歩かないもようです。

耳カットでサクラニャンコなのはいいのですが、こんなに大きくカットしなくても…とよく思います。

Shimanz_21020604a

Shimanz_21020603a

Shimanz_21020601a

以上の撮影機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

©2021 M.CREATIVE M.D.M

2020年11月20日 (金)

ジンジャーくん(6)

Ginger_20101401a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

三角家付近、茶トラ白、『ジンジャーくん』丸々と

以前警戒心が強かった時と比べると、まるで別のニャンコのような「ジンジャーくん」です。
寄ってきてスリスリ、懐っこいためにご近所の皆に食べ物をもらっている可能性があります。

丸々と太って立派な男子♂ニャン、顔もデカく風格があります。
しかし気は弱く、「ミサゴくん」や「シマンジくん」が来ると追い払われてしまいます。

現在三角家付近に居るのは男子♂ニャンか不妊手術済の女子♀ニャンです。
男子♂ニャンらは交配目当てではなく食生活のために集まっており、その優性順位は力関係でしょう。
「ジンジャーくん」は古株ですが、順位は真ん中くらい。気の強いニャンコやボスには負けます。
ただしAさん家の若い「キンタくん(チャニー)」や「ターくん」よりは上のもようです。

Ginger_20101403a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Ginger_20101402a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Ginger_20102101a
機材:SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年11月17日 (火)

アイちゃん(6)

Ai_20111202a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

天満宮境内、狛猫風の『アイちゃん』

ちょうど日向ぼっこしている「アイちゃん」を見付けました。
天満宮の狛犬の近くで、陽に当たりながら毛繕いをしていました。

トレードマークの背中の白鳥がキレイです。(↓下2枚目)
ただ、日射しがまぶしいのか大きい目は細めていてます。
一番下↓は「アイちゃん」らしいクリクリ目の画像です。

Ai_20111203a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Ai_20111201a
機材:Canon EOS M100 ; TAMRON 18-200mm F3.5-6.3 DiⅢ VC ; トリミング

Ai_20062501a
機材:SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2020年11月13日 (金)

クロくん(5)

Kuro_20100701a

黒白、八割れならず、『クロくん』腎不全で逝く

今回の画像が「クロくん」の最期の姿になってしまいました。
随分痩せていたので、飼い主さんに確認したところ、ゴハンを食べられず病院で診察を受けたとのことでした。

その後、しばらく「クロくん」を見かけなくなったので心配していました。
そして先日再度確認したところ、腎不全のため助からなかったことが判りました。

12~13歳ほどだったと思われます。「クロくん」、ご冥福を。合掌。

ニャンコの泌尿器疾患には注意が必要ですね。

Kuro_20090302a

Kuro_20100702a

Kuro_20090301a

以上の撮影機材:SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

より以前の記事一覧