1: 外ニャンコ

2020年1月 6日 (月)

ミルクちゃん(4)

Milk_19121001a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

「クルミちゃん」の娘、シロ茶トラ斑『ミルクちゃん』居候中

ママの「クルミちゃん」は家で食べる寝る遊ぶですが、いつも居るわけではなく動き回っています。
特に朝は居ないのでKさん家に戻っている可能性があると思われます。

それに対して「ミルクちゃん」はここのところずっと家の近くに居ます。
ママについて遊ぶとき以外は縁側で昼寝したり食べたりし、夜は室内のソファで!

冷え込んだ夜、外に座っていた「ミルクちゃん」の背中があまりに冷たかったので入れてあげたところ…。
以後、入れてもらえると思って待っているのを無視できるほど鬼にはなれませんでした。

で、「ミルクちゃん」は食べる泊まる遊ぶの「るるぶ」から、食べる住む遊ぶになり居候中。
とりあえずよそ様の娘さんなので丁重に接客していますが、当の「ミルクちゃん」の気持ちは?

なお、「クルミちゃん」親子を狙って、男子♂ニャンコらがうろついています。
「ミルクちゃん」はパパの「ダイズくん」以外は怖がって逃げ回ります。
いずれにせよ親子は未手術の女子♀ニャンです。対応しないと次の世代(夜叉孫?)が….。

Milk_19123102a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

Milk_19122901a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Milk_19123103a
機材: Canon EOS M100 ; EF-M 15-45mm F3.5-6.3 IS STM ; トリミング

©2020 M.CREATIVE M.D.M

2019年12月29日 (日)

リバくん(3)

Liberty_19120901a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

だんだん上に移動、白茶斑、『リバくん(仮称)』求愛活動中

時々三角家にきて、「シマンジくん」に追い払われていた「リバくん」。
最近は私の自宅周りをうろついて、「クルミちゃん」親子を狙っているもよう。

親子用のカリカリを盗み食いするので、やむを得ず離れたところに別皿を置きました。
ところが同様の輩で黒ネコの「クロスケくん(仮称)」や茶トラの「ソードくん」もやってきて悶着発生。
夜中に唸り合いながら、庇の上をどたどた走り回るので閉口中です。

「クルミちゃん」親子が気を許しているのは「ダイズくん」だけ。たぶん「ミルクちゃん」のパパでしょう。
「リバくん」が来ると「ミルクちゃん」は怖がって逃げ回ります。

Liberty_19120902a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Liberty_19060401a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Liberty_19020502a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年12月 8日 (日)

ニャンコ寸景(1)

女子♀ニャン同士の悶着

ニャンコ同士の啀み合いです。そう滅多に出会えません。
夜間には時々雄叫びが聞こえますが、撮影可能な時間帯には珍しいものです。

ヒトが近づくと、悶着はドローになって終わります。


「ミシマちゃん」(左) Vs.「ピーコちゃん」(右)

Mishima_pieko_19060301a

機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 28mm F2.8 ; かなりトリミング

私に付いてきた「ミシマちゃん」。前方には「ピーコちゃん」。
先に気づいた「ミシマちゃん」が突進、そして斜め跳びで威嚇。迎え撃つ「ピーコちゃん」。
尻尾の膨らみ方からして「ミシマちゃん」はビビッテいるもよう。迫力は「ピーコちゃん」が上。


「スミエちゃん」(左) Vs.「クルミちゃん」(右)

Sumomo_sumie_19081801a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

売り地の真ん中での唸り合い。互いに譲らず。
しかし乱暴なことは嫌い、平和好きなニャンコら。この後にすぐドロー。
「無駄なことをした」というかのようにそれぞれ後ろ向いて散開。

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年12月 7日 (土)

プーさん(5)

Shibu_18111803a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

天満宮裏、サビニャン、飼いネコ『プーさん』

いつもいる「プーさん」なので、時々しか撮影しませんが、それでも少しずつ画像が溜まります。
余り動きが無く、だいたいは寝ているか、起きて振り返るか、塀の上から顔を出すかです。
単にカメラ目線をくれているだけしょうがが、顔の毛柄の関係で睨んでいるように見えます。

今回は古い画像からの掘り出しです。HDの中にぞろっと「プーさん」がいますので。

Shibu_18110601a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Shibu_18111802a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Shibu_19081601a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Shibu_19052101a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年12月 2日 (月)

シマゾウくん(6)

Shimazo_18122502a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

三角家下のボス、クロキジ、『シマゾウくん』

三角家にいつも居るわけではありませんが、1日1回は顔を出すようです。
下の方でもゴハンをもらっているらしく、三角家ではそんなにがっつきません。

今回は古めの画像ばかりですが、「シマゾウくん」の生活スタイルは今でも同じのようです。
最近来るようになった「ミサゴくん」「チャッキーくん」に対し、初めは厳しく当たっていました。
しかし今では同じ皿の飯仲間と認めたのか、威嚇することはないようです。
ただ「チャッキーくん」は気が弱く、他のニャンコの皿には割り込めません。
ましてや「シマゾウくん」には近づくこともできないようです。

Shimazo_19050903a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Shimazo_19051402a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Shimazo_19050902a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年12月 1日 (日)

シマンジくん(6)

Shimanji_18122501a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

三角家の上のボス、クロキジ『シマンジくん』

いつもAさん家の裏の室外機の上で夜を過ごしているらしい「シマンジくん」です。
朝一でゴハンにありつくには絶好のポジションで、しかも見晴らしが良いもよう。

食事に集まってきた顔ぶれを見下ろしてチェックもできるでしょう。
新顔の闖入があればすぐにガンツケに飛び出せます。女子ニャンにも接近しやすい。
お腹がすいていれば、ゴハンをもらうまでは留まるでしょうから。

今回の画像は半年以上前のものですが、「シマンジくん」は今も室外機の上に陣取っています。

Shimanji_18091502a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Shimanji_18111801a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Shimanji_19062201a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

アカネちゃん(4)

Akane_19112902a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

天満宮裏、三毛キジ、尾曲がりポンテイル、『アカネちゃん(仮称)』

よく見かける「アカネちゃん」ですが、クリム一門に居候しているのかは不明です。
それでも敷地には出入りしているので、ゴハンは分けてもらっているのでしょう。

だいぶ大きくなった「アカネちゃん」は、まだ中ネコながらなかなかの面構えです。
「プーさん」らに続いて「睨みのアカネぇさん」になるかも。

間合いは鼻ツンくらい。手を出だすと興味を示して匂いを嗅ぎますが、そこまでで退きます。
一門の飼い主さんには懐いている可能性ありです。情報がわかったら記事を修正します。
名前もまだ仮称「アカネちゃん」なので。

Akane_19112901a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Akane_19100604a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Akane_19100602a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年11月30日 (土)

ユズさん(5)

Hemo_19112901a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

天満宮裏手、キジトラ、遭遇稀、『ユズさん』

珍しく「ユズさん」が塀の上に。(↑上の画像)
リラックスしているのか大あくび。(↓下1枚目)

タイミングが悪いのか「チョロくん」「ユズさん」にはなかなか会えません。
よく見かけるのはいつもの「コウさん」「プーさん」「ロペくん」です。
最近は成長した「アカネちゃん(仮称)」にもよく会います。

朝晩は冷え込むようになったこの頃、昼間は貴重な日向ぼっこの時間でしょう。
ご近所で工事をやっているので、ニャンコらは落ち着かないようですが。

Hemo_19112902a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Hemo_19052402a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Hemo_18121401a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年11月25日 (月)

ミルクちゃん(3)

Milk_19112001a

「クルミちゃん」の娘、シロ茶トラ斑『ミルクちゃん』入り浸る

縁側の段ボールに居着いた「クルミちゃん」です。(↑上の画像)
室内に入りたがるので根負けしたところ、今では入れてもらうのを楽しみしているもよう。
「ハッシーちゃん」たちもいるのでいつもは入れられません。合間の1時間程度はなんとか可。

膝の上で寝ていくことが多いのですが、これを外に出すのが辛いところです。(↓下3枚)
これから寒くなってくると室内が快適なので居させてあげたいのは山々なんですがね。

今のところ可愛さに負けっぱなしです。

Milk_19112301a

Milk_19112302a

Milk_19112303a

以上の撮影機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング ;下3枚は自動発光(デフューズ)

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年11月24日 (日)

スダチちゃん(2)

Sudachi_19071501a

天満宮裏、サビ、用心深い『スダチちゃん』遭遇稀

「プーさん」と違ってあまり路地まで出てこない「スダチちゃん」です。
この夏に6・7・8月と一回ずつ撮影できましたが、その後は滅多に出会えません。
あっ!と見付けてもすぐに隠れてしまい撮影までには至りません。

撮影できたのも、板塀越しか屋根の上でした。
近くには寄らせてくれないので、望遠レンズなら…と思いますが、大装備のときに限って現れないものです。
今回の3枚はいずれもコンパクトカメラでの一瞬でした。

Sudachi_19082201a

Sudachi_19062701a

以上の撮影機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

より以前の記事一覧