1: 外ニャンコ

2019年6月25日 (火)

シッポちゃん(3)

Mashiro_19062101a

天満宮裏、純白の老猫、飼いネコの『シッポちゃん』健在

久しぶりの「シッポちゃん」です。どうやら気温が高くなって涼みに出てきたようです。
年齢と共に行動量は少なくなりますが、まだまだ健在のもよう。
飼い主さんによると食欲も旺盛とか。しっかり食べられる内は大丈夫そうです。

背後には「チャチャマルくん」も見えます。いっしょに涼んでいるのでしょう。
やさしい「チャチャマルくん」は高齢の「シッポちゃん」を見守っているのかもしれません。

Mashiro_19062104a

Mashiro_19062103a

以上の撮影機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年6月24日 (月)

チャッピーちゃん(2)

Chappy_19050801a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

三角家付近、サバトラ灰ネコ、『チャッピーちゃん(仮称)』

めったに会えない「チャッピーちゃん」ですが、この5月、6月と2回見かけました。
耳に控えめな大きさの桜カットが入っています。昨年6月にはありませんでした。
また、体格が良くなったようです。この1年の内にどなたかのお世話になるようになったと思われます。

ですが間合い2mくらいで撫でられません。以前のように懐かなくなってしまいました。
2年前は「ハッシーちゃん」と交互にやってきてスリスリしてくれていましたので、少し残念です。

Chappy_19061401a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Chappy_19050803a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Chappy_19050802a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年6月21日 (金)

グレイくん(6)

Gray_19051301a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

三角家付近、アメショっぽいグレー、ご隠居『グレイくん』

スリスリしてくれる「グレイくん」には目やにを拭いてからカキカキしてしてやっています。
以前より見た目はキレイになっていますが、まだ皮膚にはカサカサがあります。
ノミ取りのスポイトはしましたが、疥癬ぽいかさぶたは効かないでしょう。
でも痒いのはストレスなので、ノミが減るだけでもいくらか楽になるはずです。

目やに以外で怪しいところはないようですが、足取りに力強さはありません。
少しよたよたした歩き方から、加齢やこれまでの苦労の影響が伝わってきます。

頑張って生きている高齢ニャンコには「えらいねー」とつい声をかけてしまいます。

Gray_19021704a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Gray_19021702a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Gray_19030301a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

Gray_misa_19050601a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年6月20日 (木)

ダイズくん

Daizu_19060301a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 28mm F2.8 ; トリミング

だんだん辻~上付近、茶トラ、最近定着した『ダイズくん(仮称)』

この付近は「ビュンくん」の縄張りだったのに、いつの間にか「ダイズくん」が顔を利かしています。
実際このところ「ビュンくん」を見かけません。代りに「ジロリくん」とよく会います。

「ビュン」Vs.「ジロリ」の後、しばらくして「ビュン」Vs.「ダイズ」の悶着がありました。
「ダイズくん」をよく見かけるようになったのはそれからです。

「ダイズくん」との間合いは約1.5mほど。あまりヒトに馴れていません。

Daizu_19060302a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 28mm F2.8 ; トリミング

Daizu_19060601a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Daizu_19061601a
機材: SONY DSC-TX30 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年6月16日 (日)

藪の中の面々(3)

藪の中の面々(ミャンミャン)(3)

やぶの中の保護色。サビ猫、キジトラは確かに目立たない。

落葉だまりにはサビ猫、ススキとかの暗い蔭だとキジトラ、混在の藪だと三毛か?

キジ白、茶白、ハチワレ、三毛…、白毛が多いと不利かな?

これから暑くなると、日向ぼっこより涼みたいところ。こっそり。

Ocha_19052101a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Ai_19061001a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Nin_19061001a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Narumi_19061101a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

Roots_16021601a
機材: SONY DSZ-TX30 ; トリミング

©2018-19 M.CREATIVE M.D.M

2019年6月 9日 (日)

ゴエスキーくん(2)

Chame_19051501a

天満宮裏、茶トラ白足袋、『ゴエスキーくん』、クリム一門に入り浸る

なかなか会えない「ゴエスキーくん」ですが、最近は「コウさん」「プーさん」家の敷地内で見かけます。
元々「プーさん」も下宿先を変えた口でしたので、「ゴエスキーくん」もそうなる可能性が。

ただし「すばしっこくて捕まえられない男子♂ニャン」なので今後の定着は不明です。
ゴハンだけ好き勝手に食べられればよいということなら、いつ鞍替えするかわかりません。
ニャンコとして自由なのは結構ですが、繁殖もウンチも自由となると問題もあります。
何とか手術して、飼いネコらしく定着してほしいものです。

Chame_19051502a

Chame_19051503a

以上の撮影機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年6月 8日 (土)

ジロリくん(3)

Jirori_19060601a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

だんだん辻~上、キジトラ白足袋ポンテイル、『ジロリくん(仮称)』戦士の休息

↓下3枚は、怪我をして休息中の「ジロリくん」です。頭部に新しい傷があります。
この撮影の数時間前、だんだん一帯にに木魂する雄叫びや、格闘する唸り声も聞こえていました。
百戦錬磨の「ジロリくん」もそろそろ高齢らしく、風格だけでは通用しないのかもしれません。
おそらくは「スモモちゃん」争奪戦なのでしょうが、宿敵が増えたようです。

この付近は「ビュンくん」のテリトリーで、「ジロリくん」とはよく睨み合っていました。
そこに茶トラの「ダイズくん(仮称)」という新手が出現し、「ジロリくん」と鉢合わせたものと思われます。
「ダイズくん」の記事は近いうちに載せますが、若い体格の良い男子♂ニャンです。
若い頃の「ジロリくん」なら屁でもないでしょうが、寄る年波には勝てず苦戦したもようです。
実際「ジロリくん」の歩き方は精悍さを欠き、よたよたしているように見えました。
ちょっと応援したくなります。頑張れ、シッポの可愛い「ジロリくん」。

Jirori_19060302a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 28mm F/2.8 ; トリミング

Jirori_19060301a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 28mm F/2.8 ; トリミング

Jirori_19060303a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 28mm F/2.8 ; トリミング

機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年6月 6日 (木)

ミンミくん(2)

Min_19051802a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 50mm F1.7 ; トリミング

三角家の上、Aさん宅で預かり中、黒ニャン『ミンミくん』

兄弟とはいえ「チッチくん」とそっくりな「ミンミくん」です。
目の色や顔立ち、毛並み体格、シッポ、どれもほぼ同じです。2頭とも私についてきます。
「チッチくん」は首輪をしているのですぐ判りますが、外れたら遠目だと見分けが付かないでしょう。
ただし近づけば判ります。胸に数本の白毛がチョロッとあり、触ろうとするとすり抜けるのが「ミンミくん」です。

「チッチくん」が青の首輪なので「ミンミくん」には黄色を付けたいのですが、今のところ上手く躱されています。
ワクチン、手術ともまだなので、捕まえやすいよう何とか馴らしたいところです。

Min_19051801a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 50mm F1.7 ; トリミング

Min_19051803a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M 50mm F1.7 ; トリミング

Min_19030501a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年6月 3日 (月)

アカネちゃん(2)

Akane_19052105a

天満宮裏、三毛キジ、尾曲がりポンテイル、『アカネちゃん(仮称)』流産か?

「アカネちゃん」は生後半年くらいのまだ中ネコですが、流産した痕跡があったそうです。
これくらいの中ネコだと、お腹が膨らんでいても、それが過食か妊娠か腹水かはわかりずらいものです。
ですが「アカネちゃん」のお腹が急に凹み、しかも寝ていた場所に血痕があったそうなので、流産したのかもしれません。

生後1年未満の女子♀ニャンが出産することはよくあります。(「ピーコちゃん」とか)
生後半年くらいだと身体が未発達で流産や難産になることもあるようです。
多産系らしい三毛でも母ネコが成育不十分だと母子共に命に関わる可能性も。

不妊手術はできれば身体が成育してからが良いのでしょうが、外ニャンだとその前に妊娠してしまうことがあります。
飼いネコならば、仮に外飼いするにしても、おんもデビューは不妊手術後がベストでしょう。
しかし初めから外ニャンの場合、女子♀ニャンにとっては時に過酷な展開もあり得ます。

Akane_19052101a

Akane_19052104a

Akane_19052102a

Akane_19052501a

以上の撮影機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

2019年5月31日 (金)

ソードくん(2)

Sward_19051801a
機材: Canon EOS M ; K&Fアダプター+ SMC PENTAX-M ZOOM 35-70mm F2.8-3.5 ; トリミング

三角家~だんだん辻付近、茶トラ、飼いネコの『ソードくん』

だいたい正体がわかりました。Aさん宅に昔から食事に来ている未去勢の男子♂ニャンです。
よって行動範囲は広く、何週間も帰ってこないこともよくあるとか。
あまりヒト慣れしておらず、撫でるくらいはできても捕まえるのは無理のもよう。

Aさんは「シッポの長いアカ」「目の青いアカ」と呼んでいます。
実はAさん宅のの外ネコには、茶トラでシッポの曲がった黄色い目の「アカちゃん」(去勢済♂)もいます。
なので、ここでは「青い目の「ソードくん」」に固定しておきます。

「ソードくん」は、三角家からだんだん辻よりもっと上までテリトリーを拡張したようです。
夜中に「ビュンくん」と唸り合っている相手の一頭でしょう。
この付近の茶トラ、中ネコの「ロケットちゃん」とかの種親の可能性ありです。

Sword_19030401a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Sword_18121501a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

Sword_19012101a
機材: Canon EOS M100 ; EF-EOS M + SIGMA C 17-70mm F2.8-4 DC MACRO OS HSM ; トリミング

©2019 M.CREATIVE M.D.M

より以前の記事一覧